台湾の小学校の教材にも登場する
ある日本軍人がいます。

その方の名は杉浦茂峰少尉。

1944年(昭和19)年10月12日早朝、
米軍機が台南に来襲した。

フィリピン攻略作戦の前哨戦として
航空決戦を挑んできたのだ。

数に勝る米軍に、
日本軍の零戦は苦戦を強いられた。

杉浦少尉の零戦も
敵弾を受けて尾翼から出火。

機体爆発が迫る危機に見舞われた。

眼下には集落が見舞われた。

そのまま墜落すれば、
民間人に大きな被害が出る。

集落への墜落を避けようと、
杉浦少尉の零戦は、
いきなり機種を上げ、
上昇態勢を取った。

その後、
杉浦少尉は、
機体が空中爆発する直前、
落下傘で脱出したが、
米軍機の機銃掃射を浴び、
戦死した。

第二次世界大戦後、
村のあちこちで不思議な夢を見た
という噂が広まった。

白い帽子と服を着た
日本の若い海軍士官が
枕元に立っている
という夢を見たという者が、
同じ夢を見たという者が
数名名乗りでた。

その後部落の有志が集まり、
その海軍士官が
部落を戦火から救うために、
自分の生命を犠牲にしたことが判明。

そして1971年、
杉浦茂峰を祀るために
この廟を建設した。

昭和46年に廟を建設して
毎日お参りをした。

そうしたら、稲作は豊作、
豚や魚の養殖も順調で、
宝くじまで当たる者も出てきた。

廟は海尾集落の守り神として
集落の人々の尊敬を集めている。

毎日遠近からの参拝者が多く、
日本からの参拝者も年中絶えない。

やがて、
「お詣りすると願いがかなう」
と評判になり、
廟の人気は急上昇した。

93年には3つ神像が建立され、
これを新しい廟に祀ったところ、
さらに信者が増えた。

三本の煙草から
紫煙が立ち昇りました。

生前煙草が大好きだった
杉浦飛曹長のために、
こうやって今日も
煙草に火は点けられるのです。

現在は毎日管理人が朝夕二回、
タバコを点火して神像と写真に捧げて、
日本の国歌「君が代」、
午後は「海ゆかば」を
祝詞として歌っている。