ユネスコ「南京大虐殺文書」の
世界遺産登録、取り消しを求めます。

国連教育教育科学文化機関(ユネスコ)は
10月9日(日本時間10日未明)、
中国が登録申請していた
「南京大虐殺文書」を記憶遺産に登録した、
とのことですが、そもそも
「南京大虐殺」などなかったのです。

日本を貶めるため中国が捏造した事件を
公平中立な世界機関が取り上げ、
しかも中国の言い分をそのまま受理し
世界遺産登録まで行うとは
非道極まりない行為である。

ユネスコの「南京大虐殺文書」
世界記憶遺産登録に対して、その後、
日本政府は何かしているのか?

安倍政権も外務省任せでは
厳しいでしょう。
(しかし、近年の河野太郎外務大臣の
韓国に対する姿勢はGood!!)

自民党は
「歴史を学び未来を考える本部」
総裁直属の勉強会として
発足させました。

その本部長は谷垣幹事長で、
アドバイザーは山内昌之明治大特任教授、
オブザーバーに社会学者・古市憲寿です。

このリベラリストをオブザーバーに
していますがどうなのでしょうか?

歴史を学ぶことに否定はしません。

国会議員の歴史認識が酷するからです。
(一部はス○イかと疑いたくなる議員もいるくらいですし)

しかし、本来そういうことは国会議員
になる前に勉強しておくべきものであり
日本の国会議員は靖国参拝とともに
歴史観・国家観のない人間は議員に
なるべきではないのです。

ここがしっかりしていないから
シナや韓国や反日左翼にまともに
反論もできない議員が多いのです。

先日(12月11日)、新しい歴史教科書
をつくる会が「通州事件」のユネスコ登録を
目指して文科大臣に要望書を提出しました。

こういう発想すら
国会議員にはないのです
大体、これに賛同した声を挙げた
国会議員はどれほどいたのか。

日本人が虐殺・強姦などの被害に
遭った事件はたくさんあります。

通州事件の他「済南事件」「尼港事件」
「葛根廟事件」「敦化事件」「小山克事件」
「通化事件」「麻山事件」「牡丹江事件」・・・などなど。

東京大空襲もあれは大空襲ではなく
「東京大虐殺」なのです。

言葉に誤魔化されてはいけません。

国際法違反の原爆投下も
「原爆実験大虐殺」だったのです。

シナ人、朝鮮人、ロシア人、アメリカ人、
イギリス人、オランダ人・・。

彼らは国連(戦勝国連合)で
正義ヅラしていますが、
彼らが如何に残虐であるのか。

こういう真実こそ人々の記憶に
永く留めておくべきであり、
彼らの本性を知っておくべきなのです。