遠いアフリカの地で
静かに眠る英霊たち・・

アフリカで眠る日本帝国海軍軍人

戦後日本は、
日本軍人が勇戦した忠勇武烈な
愛国物語を
教科書やマスコミが取り上げた事がなく、
ことごとく削除しました。

奈良時代の防人も、
鎌倉時代の元寇も、
明治以降の日清・日露
大東亜戦争の勇戦も取り上げず、
全て反戦の立場で記述してきました。

そのため当時の日本人の国民的団結も、
危機に臨んだ民族の原動力も、
そして参戦した戦死者の心情も
語られないままでした。

日本人の魂が最高に燃焼した
体験を伝えず、
自分の国では自分で守る心の育成
が全く出来なくなっています。

大東亜戦争時に日本帝国海軍が、
日本から1万数千キロも離れた
アフリカまで行かれたのをご存知ですか。

波荒きインド洋を越え、
生身の人間が
小型潜水艇で敵陣に斬り込んで
行った日本軍人がいました。

なぜ、日本がアフリカまで
行かねばならなかったか。

大東亜戦争緒戦、
日本は赫々戦果を挙げました。

開戦前にベトナム、カンボジア、
ラオスは日本の支配下にあり、
マレー沖開戦でイギリス極東艦隊は全滅、
香港、シンガポール
ビルマのイギリス軍を撃破し、
インドネシアではオランダを破っています。

日本は欧米諸国の東亜侵略
百年の野望を覆すべく、
アジア諸国の独立を正義としていました。

イギリスはインドを
手放すわけには行きません。

インドを抑えるにはマダガスカルを
制圧せぬばなりません。

当時、マダガスカルはドイツに
降伏したフランスの統治下にありました。

イギリスのチャーチルは
「早いうちにマダガスカル島を
 フランスから占領しておかねば、
 日本海軍が占領するかもしれない。

 マダガスカルの北にある
 ディゴ・スワレズ軍港に日本海軍が入ったら
 インド洋は日本に制せられ、
 インド独立の気運が一気に火を噴き、
 それはアフリカに及ぶ」

このように日本に対して
危惧がありました。

イギリスはフランス軍と激戦を交え、
700名の犠牲を払って
ディゴ・スワレズを占領します。

それを知って日本はこの軍港を
攻撃するのです。

昭和17年4月。

特殊潜航艇による第二次
特別攻撃隊に出動命令が出されます。

東方隊はオーストラリアへ、
もう一方は西方隊はアフリカへ。

今回のお話は西方隊の方です。

4月16日、広島県柱島を出港。

西方隊はシンガポール、
マレー半島ペナン、インド洋から
アフリカ東海岸へ。

当時の潜水艦は水中を
蓄電池で潜行するので、
電池がなくなれば浮上して
水面航行で蓄電しなければなりません。

それは制海権も制空権もない中では
非常に苦しく難しい航行です。

潜水隊はインド洋を南下し
マダガスカルの南、
モザンビーク海峡を北上します。

偵察機でディゴ軍港に
敵の主要艦船が在泊しているのを
確認します。

いよいよ特殊潜航艇による攻撃です。

ここまですでに1ヶ月半。

ディゴ軍港を攻撃した
特殊潜航艇の搭乗員は4名です。

秋枝三郎大尉(下関市)

秋枝三郎大尉(下関市)
竹本正巳一等兵曹(広島県)
一隻に乗り、
岩瀬勝輔少尉(香川県)
高田高三二等兵曹(福井県)
もう一隻に乗り込みます。

四人とも攻撃が終わったら
生還するように、
山本五十六連合艦隊司令長官や
和泉潜水隊司令から、
くれぐれも言われていました。

5月30日午後5時半、出陣前。

艦内での缶詰の赤飯が開けられ、
壮行の小宴が士官室で持たれました。

皆、ヒゲを剃り、身体を拭いました。

艦長から「刀を持っていくか」と聞かれると
秋枝大尉は「やっぱり持ってゆきましょう。

武士の魂ですから」

秋枝大尉は出陣する前、
文子夫人からせがまれて結婚し、
結婚後二週間で出陣してきました。

母艦から離れた二隻の潜航艇。

一隻はそのまま軍港に潜入し、
軍艦ラミリーズ号と近くにいた
油槽船の横腹に魚雷を撃ち込みました。

軍艦ラミリーズ号は数ヶ月間
活動不能状態になり、
油槽船ブリティッシュ・ロイヤルは撃沈。

この戦果を挙げても二人は
攻撃の手を緩めずに、
何と、上陸して戦ったのです。

二人は上陸後、抜刀して
斬り込みを敢行しました。

イギリス人は度肝を抜かれます。

しかし二人は戦士、イギリス兵六名が
死傷しました。

後にチャーチルはこう記しています。

「二人の日本海軍軍人は
 祖国のために献身し、
 類まれな功績をたてた」と。

もう一方の潜水艇は防濳網をうまく
くぐりり抜けて湾外に脱出しました。

約束の時間までにモザンピークの
バエタエタの沖合いに母艦に
戻さねばなりません。

しかし、インド洋の荒波に翻弄され
ノシアレス島の岩礁に衝突して
動けなくなりました。

二人は付近の漁師に頼んで
対岸のアンダラブイという部落に
上陸します。

そこから地図を頼りに陸路で歩きます。

道らしい道のないまま
40キロの道のりです。

攻撃から4日目、潅木しげる丘を
いくつか越え、
やっとモザンピークに着きます。

しかしその時すでに約束の時間が
過ぎていました。

母艦も攻撃の夜から3日間、
ずっと潜航艇を捜索していました。

しかし合図をキャッチできず、
そのまま離れてしまったのです。

二人の勇士はただ海面を眺めるばかり・・・。

そこに銃口をかまえた
十数名のイギリス兵が現れました。

「抵抗は無駄だ、降伏せよ」

双方に大声の応酬が置き、
拳銃が発射されました。

イギリス兵たちは一斉射撃。

二人は全身に弾丸を浴び、
その場で戦死しました。

その後、イギリス兵は現地の兵に
穴を掘らせて日本軍人二人を
埋葬しました。

しかし墓標もなく、
その位置が確認できません。

昭和51年、マダガスカル共和国の
日本大使館の尽力により
現地に慰霊碑が建立されました。

この慰霊碑には日本語と
フランス語でこう刻まれています。

「日本海軍特殊潜航艇二勇士
 一九四二年六月三日コノ地ニテ死ス
 一九七六年十一月十日 日本国大使館建立」

さらに平成9年5月、多くの参列者のもと、
四勇士の慰霊碑の除幕式が
執り行われました。

日本とマダガスカルの国旗に並んで、
日本海軍の軍艦旗が掲げられました。

この四名の遺体は日本には帰らず、
誰も訪ねることの困難な
アフリカに近い僻遠の地で
今も眠っています。

現地の人たちは
この日本軍人に対して、
異口同音に感動し、
その勇気を讃え、英雄として
評価しています。

日本軍人の勇者の魂は、
現代の日本人の心ではなく、
現地の人々の心の中に
生きているのです。