なぜ報道が少ない?

日本人全員が知るべき
日本と台湾の絆

マスコミがほとんど報じませんが
日本人には知ってほしい。

台湾のエバーグリーングループ総裁
の張栄発さんが
平成28年1月20日に
他界されました。

享年88歳でした。

この知らせを聞いたパラオ政府は
すかさず
「我が国の親友に追悼の意を表す」
と発表しました。

しかし、日本政府の反応は
報じられなかった。

張栄発さんは
日本統治時代の台湾で
昭和2年10月6日に生まれました。

日本語世代と言われ、
日本語を話し、
教育勅語を教わって育った。

その後、南日本汽船で
15年間を船員として苦労され、
中古船一隻で長栄海運
(エバーグリーン・マリン)を
設立しました。

この時、日本の企業から
資金支援をしてもらい、
後に
「自分が今あるのは日本のお陰。
 自分を育ててくれた日本に
 感謝している」
と言っていました。

そして、平成23年3月11日、
東日本大震災。

報道でこれを見た張栄発さんは、
以前、日本の三陸地方を
訪ねた時に、
東北の人達の素朴で温かい心に
接したことを思い出し、
「あの人達が、今、悲劇の渦の中に
 呑み込まれている・・」
とテレビを見て涙を流した。

この時、李登輝元総統は
救援隊を日本に派遣しようと
思ったものの、
日本の外務省から
「台湾の救援隊を
 受け入れる準備ができていない」
と断ってきた。

被害が拡大して
時間がどんどん過ぎる中、
李登輝さんは中華空港に
頼み込みと
「国交のない日本政府が
 受け入れない」
と言われた。

1999年の台湾大震災の時は
地震発生22時間後に
日本の救助隊が現地入りして
救助してくれた。

その恩に応えるのは今しかない。

何とかしたい一心で
李登輝さんはエバー航空の
張栄発総裁に電話した。

すると張栄発さんは
「わかりました」
と快く引き受けてくれ、
しかも

「費用は一切いらない。
 恩ある日本のためです。
 飛行機は無償で飛ばす」
と言った。

張栄発さんは個人でも
義援金として10億円を
日本に寄付し、

「10億円で足りなければ
 いつでも出すから、
 遠慮なく言ってほしい」
と言った。

さらに自身の長栄グループ傘下の
海運会社に対して
緊急救援を提供するように指示し、
日頃の人脈をフルに使って
各国政府や国際救援組織の
関係者に
日本のために物資を
被災地まで無料運ぶように
要請しました。

台湾には
「本当の善行は人に知られない」
という言葉があります。

これは日本統治時代に
日本人が台湾人に教えた言葉で、
張栄発さんは自ら
実践していたのです。

自分の力をひけらかすことなく、
自ら触れ回るような
みっともないことは
してはいけない、という意味です。

日本人が忘れた日本精神を、
台湾の日本語世代は
言葉を知るだけではなく、
自ら実践していたのです。

震災の翌年、
日本政府は張栄発さんに
台湾として過去最高位の勲章
「旭日重光章」を贈られました。

この時、豊明殿において
天皇陛下に拝謁されました。

張栄発さんは
「極めて光栄なことであり、
 日本政府が私に対して
 評価していただけることを
 とりわけ感謝している。

 そのため、自ら来日し
 勲章伝達式に出席した」
と述べていました。

張栄発さんは
「財産は子孫に残さず、
 全て公益事業に寄付する」
と公言されていました。

また
「企業の存在意義は
 社会にサービスを
 提供することである。

 金儲けは罪悪ではないが、
 それによる喜びは
 長くは続かないのに対し、
 人助けで感じる喜びは
 いつまでも心の中に残る」
と言っていました。

今の日本人は
台湾の日本語世代から
学ぶことがたくさんありそうだ。

熊本地震でエバー航空
台湾本社から

「手と手をつないで心の絆。

 日本と台湾の友好が
 ずーっと続きますように」
のメッセージが届けられました。