以下は昔の記事ですが、
とても胸に響く事が
書かれているので、
見ていただけると幸いです。

平成13年8月13日、
小泉首相が就任以来
はじめて参拝した
靖国神社に対して、
日本人と韓国人の
639名もの原告が
損害賠償を求めました。

これに対して当時、
新婚1年半で出征された夫を
ルソン島で亡くされた
岩井益子さん(当時84歳)が
裁判補助制度により、
法廷で読まれた陳述書のことが
書かれています。

その時、法廷全体が
息を呑んだように
静まり返ったといいます。

その陳述書の一部を
以下に掲載致します。

「さて今回、
 首相が靖国神社に
 昨年8月13日に参拝された事を
 不服とする方々が、
 全国で裁判を起こされて
 いるようです。

 とりわけ、
 ここ大阪におきましては、
 あろう事か、靖国神社までもが
 被告とされています。

 私ども遺族と致しましては
 このような原告の方々の
 主張はとても
 放っておけるものではありません。

 私のような靖国の妻をはじめ、
 ほとんど全ての遺族の怒りと、
 血涙を絞らしめるものです。

 もし、首相が靖国神社に
 参拝されたことで
 心が傷つけられると言う方が
 おられるのならば、
 靖国の妻と致しましては
 靖国神社が国家護持されず、
 外国の意向に気兼ねして
 首相の参拝すら思うに任せず、
 天皇陛下の御親拝も得られない
 現状はその何万倍、
 何億倍の心が
 傷つくことでございます。

 私にとって夫が生前、
 戦死すれば必ずそこに
 祀られると信じて
 死地に赴いたその靖国神社を
 汚されることは、
 私自身を汚されることの
 何億倍も屈辱です。

 愛する夫のためにも
 絶対に許すことの出来ない
 出来事です。

 靖国神社を汚すくらいなら
 私自身を何百回殺してください。

 たった一言靖国神社を
 罵倒する言葉を聞くだけで
 私自身の身が切り裂かれ、
 全身の血が逆流してあふれだし、
 それが見渡す限り、
 戦士達の血の海となって
 広がって行くのが見えるようです」
(掲載ここまで)

我々の先達は、
アジアに長い間
我がもの顔で居座っていた
盗人(白人)を追い出そうと
死に物狂いで戦い、
そして幾多の尊い命と
血潮をかけて戦ったのです。

”天に代わりて不義を討つ”

とはまさにこのことであります。

素直で純真な若者は
死を恐れず祖国日本の為に戦い、
その強さはまさしく
世界中で最も恐れられました。

にもかかわらず、
日本軍はとんでもない
侵略の野望を持っていたなどと
こじつけたのが
東京裁判でありました。

戦後の日本の社会、
教育、メディアも日本政府も
源流はこの茶番劇の大嘘に
発しているのです。

未だ日本政府は
この嘘を覆す事が出来ず、
占領軍の教えを忠実に守り、
日本の真の独立を遮り、
それが近隣諸国に
付け入られているのは
現状が示す通りです。