中国メディアは
平成28年1月27日から28日にかけて、
天皇陛下がフィリピンへの
ご出発に際して、
あるいは同国に到着した後に、
第二次世界大戦により膨大な
無辜のフィリピン市民が
犠牲になったとして、
「悔い改める気持ちを明らかにした」
などと報じました。

中国版ツイッターの
微博(ウェイボー)では、
中国にも謝罪するべきだとの意見や、
「謝罪を求め続ける我々は、
 泣いて相手に謝る事を求める子供と同じ」
と主張するなど、
様々なコメントが寄せられています。

中国では、天皇陛下や皇族の
歴史を回顧するお言葉に対して、
多くの賛辞が集中する事が多いのです。

例えば2015年の新年のお言葉に
こういったものがあります。

「満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び、
 今後の日本のあり方を考えていくことが、
 今、極めて大切なことだと思っています」

このお言葉に対して、中国メディアの
環球時報は
「正義の叫びと理性の声」
と高く評価しました。

インターネットに寄せられる書き込みも同様で、
皇太子さまが同年2月23日に55歳の誕生日に
あたってのお言葉が話題になりました。

「戦争を知らない世代に悲惨な
 体験や日本が辿った歴史が
 正しく伝えられていくことが大切」

このお言葉に対して

「日本の徳仁皇太子は戦後の生まれなのに、
 戦争についてはこのようにしっかりと
 認識されている。素晴らしい」

といった書き込みが寄せられています。

中国共産党.・政府も、天皇及び皇室に対しては
敬意を込めた態度を続けています。

中国共産党中央宣伝部の管理下にある「光明日報」
2015年8月26日に、昭和天皇の戦争責任を主張する
論説を掲載しましたが、むしろ例外中の例外でした。

また、伝統的な中華思想では、中国の皇帝以外には、
呼称に「皇」の字を用いることは絶対にできませんが、
中国では一貫して「天皇」と表現されています。

中国当局は、天皇陛下を
おとしめるような表現をした場合、
日本の世論が決定的に中国を憎むようなに
なると理解していると言っておいてよいでしょう。

フィリピンご訪問のニュースについても、
メデイアは天皇陛下の歴史関連の
お言葉を中心に取り上げ、
読者の側から陛下の言動を非難する
書き込みはほとんど見当たりません。

「いいね」が多く寄せられているコメントは
「戦争は善悪ではなく、強い方が相手を叩くだけ」と主張。

中国は実力がないのに謝罪を求める続けているのは
「泣きながら相手に謝罪を求める子供と同じ」
と批判していました。

天皇のフィリピン訪問を政治的な意図、
あるいは中国へのあてつけと主張してきたり、
南京にきて悔い改める姿勢を示していないので
との考えを示すコメントもありますが、
天皇陛下への直接の批判は一つも見当たりませんでした。

反日の中国人でさえも天皇陛下には敬意を払っているのです。

国境を超えて敬われる存在。

それが

天皇陛下