1942年2月7日から2月15日にかけて
戦闘が行われた、シンガポールの戦い。

日本側の戦力は36,000人で
イギリス側は85,000人と
大規模なもので、
それぞれ戦死者は1,715人と約5,000と
両軍に多数の犠牲者を出した末、日本が勝利し、
日本によるシンガポールの統治が始まります。

(シンガポールは昭南島と名前を改められた)

難攻不落と言われていたシンガポールの陥落は
世界中に衝撃を与え、
当時ロンドンにドゴール将軍は、

「シンガポール陥落は、白人植民地主義の
 長い歴史の終焉を意味する」

とその日の日記に記したほどでした。

世紀の一戦と呼ぶにふさわしい
この戦いを収めた映像に、
外国人から多くのコメントが寄せられていました。

オリジナル動画をご覧になりたい方はクリック

海外の反応

  • シンガポールで戦ったイギリス兵の多くは
    まだろくに訓練もされていない
    若者たちだったんだよ。
    アメリカ

 

  • 俺たちアジアの国はヨーロッパの植民地だった。
    でも日本が欧米列強を
    アジアから追い出してくれた。
    日本人によって軍事訓練もしてもらった。
    戦後のインドネシアの独立に役立ったんだ。
    ありがとう日本。
    日本はアジアの英雄だ。
    インドネシア
  • 俺も同意する。
    少なくとも日本は、欧米列強に証明した。
    アジア人だって、
    戦うことが出来るんだってことを。
    オーストラリア

 

  • これは諸国間の戦争だってことを
    忘れてもらっちゃ困る。
    イギリスはドイツを止めるために、
    全ての資源を中東地域につぎ込んでた。
    しかもロシアに400機の戦闘機を
    送ってもいたんだから。
    そういった邪魔な要素がなかったら、
    イギリスは日本を倒してたさ。
    イギリス

 

  • イギリスは砂漠戦用に訓練された部隊も
    投入していたんだよね。
    そんな部隊が森林戦を戦ってきた
    日本の古参兵と戦えるか?
    ほとんどの日本兵は中国で4、5年戦った
    ベテランだったわけだし。
    シンガポール

 

  • イギリスの熟練兵たちは
    多くのミスを犯してしまった・・・。
    もしくは、日本兵によって
    裏をかかれてしまったのか、だな。
    ロシア
  • イギリスにも勝つチャンスはあったよ。
    だけど彼らは
    自己満足で終わっちゃってたから。
    シンガポール

 

  • 当時のイギルスは、
    ドイツとやりあうのに手一杯だったんだよ・・・。
    だからマレー半島の英軍は、
    臆病で不甲斐なかった人たちばかり・・・
    マレーシア

 

  • 日本の攻撃はこけおどしだった
    って習ったけどね。
    たった30万の兵力しかなくて、
    山下大将の軍は数で劣るはずだった。
    彼はイギリスを常に恐れてもいたんだよね。
    シンガポール

 

  • イギリスは基本戦争に向いていないよな。
    ご存知の通り、結局日本を
    打ち負かしたのもアメリカだし。
    アメリカ

 

  • 確かに大戦中のイギリスは酷いもんだった。
    シンガポールの陥落は顕著な例だよ。
    リーダーシップの欠如し、
    断固戦うという意志もまったくなかった。
    だから退却を繰り返して、結果
    陥落する事態になってたんだ。
    アメリカとロシアの助けがなかったら、
    イギリスは負けてただろうね。
    アメリカ

 

  • 申し訳ないけど、
    そして俺はイギリス人だけど、
    10万人の屈強な英軍の兵士を投降させた
    大将に対して絶対に敬意を払えない。
    彼は東洋に打ち立てた我らが
    帝国を破滅に導いた責任がある。
    イギリス