日本国憲法において、
天皇陛下は日本国の
象徴とされています。

国政を行う政治家とは違い、
日本の「象徴」という立ち位置
の天皇陛下ですが、
そのお名前や苗字は
あまり見聞きすることは
ありません。

天皇陛下の名前や苗字とは?

まず注目したいのは、
天皇家の方々には苗字が
存在しないという点です。

今上陛下のお名前は
苗字はなく「明仁(あきひと)」
とおっしゃいます。

皇后陛下もご結婚される前には
苗字がありましたが、
ご成婚後は苗字はなく
「美智子」様となっています。

では、なぜ天皇家の方々には
苗字が存在しないのでしょうか。

最大の理由は、
日本の皇室は万世一系、
つまり一つの家系がずっと続いてきた為、
他と区別する必要がないからです。

中国の文献によると、
平安時代はすでに
天皇家には姓が
存在していなかったようです。

また、国民のように戸籍
というものは存在せず、
天皇家の方々だけの系譜
「皇統譜(こうとうふ)」
というものにお名前が
記録されてます。

この皇統譜という物が
まさに万世一系の象徴であり、
系譜を遡ると世系の第一には
「天照大御神
(あまてらすおおみかみ)」
まで遡る事が出来るそうです。

天皇家の方々には苗字は
存在しませんが、
苗字の代わりに
「称号」が存在します。

称号は、天皇・皇太子の
子女のみ名前の前につくもので
今上天皇は
「継宮(つぐのみや)」

皇太子殿下は
「浩宮(ひろのみや)」
という称号をお持ちでした。

称号は皇太子という地位に
就かれた際に無くなるた為、
現在称号をお持ちなのは
「敬宮愛子内親王
(としのみやあいこないしんのう)」

お一人となっています。

また称号とは別に天皇家の
方々には「宮号(きゅうごう」と
いうものも存在します。

宮号とは、日本の皇族男子が
独立して生計を立てる際に
天皇陛下から賜る称号で、
宮家の皇族男子が
世襲していくものです。

現在存在する宮号は

「三笠宮(みかさのみや)」

「常陸宮(ひたちのみや)」

「高円宮(たかまどのみや)」

「秋篠宮(あきしののみや)」

の4つです。