魚類学者である今上陛下。

有名なエピソードのひとつに
プラー・ニンという魚の話があります。

日本名「イズミダイ」または
「チカダイ」とも呼ばれるこの魚
あまり耳馴染みのない名前ですが
「ティラピア(ナイルティラピア)」の
名でいろんなところに流通しています。

外来種で太平洋戦争後の
食糧難の時代には貴重な
蛋白源として重宝されました。

見た目はクロダイのようであり、
味も鯛の身によく似ていますが、
海水では育ちません。

淡水魚なのです。

時は昭和39年(1964年)、
東海道新幹線が開通

東京オリンピックが行われた
年の暮れのこと。

当時皇太子だった今上陛下が
美智子妃殿下とともにタイを
ご訪問されました。

当時のタイ国民は戦後混乱期の
日本と同様に蛋白質不足に陥っていて、
その解決策を魚類に求めていました。

陛下は魚の養殖試験場を訪れになり、
タイ国王ラーマ9世(プミオン国王)とも
会談され
当時養殖研究されていた品種ではなく、
ティラピアを育ててみてはどうかと
ご提案されます。

タイから戻られた陛下は赤坂御用地で
育てられたティラピアを50匹、
翌年の春にタイへ寄贈されました。

ラーマ9世は宮殿の池で
それらを飼育します。

ティラピアの特徴である
飼育しやすさと旺盛な繁殖力で
またたく間に稚魚を増やし、
1万匹もの数が養殖場に
運ばれました。

結果、
ティラピアはタイを代表する魚にまで浸透し、
国民の栄養状態も改善。

華僑により仁魚という漢字がつけられ、
タイ語でもプラー・ニンと
呼ばれて親しまれています。

「仁魚」の「仁」は陛下の明仁の名から
とったもので、「プラー・ニン」の「ニン」も
やはり仁の字から来ています。

ちなみにプラーとはタイ語で
魚のことです。

タイ国民の栄養状況を改善した
ティラピアは、その後も活発に
繁殖が進み
昭和48年(1973年)には
非常事態宣言が出されるほど飢饉が
バングラデシュで発生した際にも
タイからティラピアが50万匹贈られました。

また品種改良もすすみ、
ティラピアを交配させた
「プラー・タプティム」という
赤魚もタイでは人気を博しています。

今やタイの輸出品目にまで成長した
ティラピアの養殖。

そのきっかけを作ったのが
今上陛下だったのですね。