これほどにまで「未曾有の災害」という言葉が
使われたことはなかったのではないでしょうか。

平成23年3月11日に発生した東日本大震災。

大地震、大津波、原発事故と
三重苦の極限状態に置かれた
多くの被災者の身を世界中が
我がことのように案じました。

今回は、震災時に活躍した
自衛隊に対する天皇陛下の
お気遣いのお話です。

今上陛下が見せた自衛隊に対する
さりげないお気遣いに感動!

地震発生から日が経つにつれ、
刻々と明らかになってきた深刻な被害状況。

震災による死者、行方不明者は約1万9千人、
建築物の全壊、半壊は計38万戸以上、
ピーク時の避難者数40万人以上、
停電世帯数800万戸以上、断水世帯180万戸以上・・・

気の遠くなるような数字ばかり並びます。

この大災害に対し、早急に
救助隊が現地に入りました。

警察庁、消防庁、海上保安庁、自衛隊の
派遣部隊により26,708名もの救命が実施され
また後援活動として、避難所での世話や、
瓦礫の撤去などの作業も並行して進みました。

ことに自衛隊の活躍は
今更ながら大きな役割を
果たしました。

派遣された自衛隊員は、最大時約10万7000人、
航空機約540機、艦艇59隻もの大援軍。

震災発生から3ヶ月間に延べ人数では
約868万7000人、航空機約4万1000機、
艦艇約4100隻にもなりました。

これにより1万9286人の人命が救助され、
9487人の遺体が収容されます。

このように、震災時には活躍し、
日本の国益に大きく貢献した自衛隊。

常に日陰の存在でありながら、
しっかりと国と民の生命を
守り続けてくれています。

憲法論云々はともかく、
自衛隊がこれまでに
人命においてどれだけの国益を
もたらしたかは説くまでもありません。

しかしながら、昭和29年(1954年)に
創設され半世紀以上経つというのに、
未だに国民からの理解が得られていません。

学校で使用される歴史・公民教科書の中には、
未だに「違憲」の烙印を押す教科書が
多く存在します。

言い方に語弊がありますが、
そんな「不憫な」自衛隊に対し、
最大限の労いをされた方がいます。

それは、天皇陛下です。

震災発生の5日後、
平成23年3月16日のことです。

今上陛下がお言葉を
発表されました。

まだまだ被害の全容が
見えていない手探りでの
捜索や救助が続く
最中でのご発表でした。

そのお言葉の中で
今上陛下は行方不明者の
救助への望みと、
被災者の生活への励まし、
世界中から届くお見舞いのこと、
団結と助け合ってこの難局を
乗り切って欲しいと願い、
共に復興へ歩む希望を
お述べになりました。