終戦を迎える1945年、
米国のフランクリン・デラノ・
ルーズベルト大統領は
4月12日の昼食後、
脳卒中で倒れて他界した。

これに対して、その僅か5日前の
4月7日に大日本帝国の
総理大臣に就任したばかりの
鈴木貫太郎氏が
哀悼の意を世界に発信した。

鈴木貫太郎
(慶応3年12月24日生まれ
昭和23年4月17日没)

昭和20年4月7日、
鈴木貫太郎七十七歳は
「非国会議員」
「江戸時代に生まれた」
という2つの点で総理大臣を務めた
最後の人物になる。

「老人で
 ございますから」
と固辞する鈴木に、
陛下が、
「もはや
 卿しかいないのだ」
と言われた。

皇太后も、
陛下の父親と思って
引き受けて欲しい、
と言われた。

長年侍従長を務めた
鈴木の妻は、
陛下の乳母であり、
陛下は鈴木の妻を
母のように
慕っておられた。

この陛下の言われた
「もはや卿しかしない」
という言葉の意味は、
戦を収めること、
つまり
終戦に漕ぎ着ける
ことができるのは
鈴木しかいない
という意味である。

この時、戦を
収めることほど
困難はなかったのだ。

さて、天は鈴木に
昭和20年8月15日の為に
命を与えてきた。

鈴木は、幼い頃、
暴走する馬の足の下に倒れた。

しかし死ななかった。

それを観ていた人は、
鈴木の運の強さに驚いた。

海軍士官となった鈴木は
水雷艇艇長(日清戦争)そして
駆逐艦司令(日露戦争)となって、
それぞれの海戦で、
敵艦に機銃が届く至近距離まで
肉薄して魚雷を放つという
命知らずの必殺の戦法をとって
敵戦艦数隻を撃沈する
殊勲をあげた。

つまり、特攻作戦である。

生きているのが不思議と言われた。

部下は彼のことを鬼貫太郎、
鬼貫と呼んだ。

昭和11年2月26日未明、
侍従長出会った鈴木は、
安藤輝三大尉の率いる
歩兵第三聯隊の兵に襲われ、
頭部、胸そして大腿に
銃弾をうけて昏倒した。

トドメをさそうとする安藤大尉に
鈴木の妻が

「おやめください。老人ですから
 トドメはささないでください。

 どうしてもというなら
 私がトドメをさします」
と言って止めた。

安藤大尉は、鈴木に敬礼して
退出した。

その後妻が、
意識のなくなった鈴木の耳元で、
「あなた、しっかりしなさい」
と叫ぶと、
鈴木は目を開け蘇生した。

昭和23年に鈴木は死ぬが、
彼を火葬した後に遺骨と共に
2・26事件の時に打ち込まれた
銃弾があった。

昭和20年4月7日、
小磯内閣総辞職をうけて
鈴木は総理大臣に就任した。

4月12日、アメリカ大統領
ルーズベルトが死去する。

平時では、国際社会において、
他国の指導者の死を悼む声明は
普通のことでありるが、
当時は大きな戦争における
敵味方の関係。

当時日本は敗戦濃厚で、
3月10日には東京大空襲で
民間人の死者が10万人に及ぶ
大被害を被っていた頃である。

ルーズベルト大統領は、
日本を戦争に導き、
ABCD包囲網、
さらに多大な人命を奪った
原子爆弾の計画を進め、
日本を破滅に追いやった
張本人であった。

しかし、鈴木総理は直ちに、
優秀な戦争指導者を失った
アメリカ国民に対して
心より哀悼の意を表する
とのメッセージを送信した。

「今日、アメリカがわが国に対し
 優勢な戦いを展開しているのは
 亡き大統領の
 優れた指導があったからです。

 私は深い哀悼の意を
 アメリカ国民の悲しみに
 送るものであります。

 しかし、ルーズベルト氏の
 死によって、
 アメリカの日本に対する
 戦争継続の努力が
 変わるとは考えておりません。

 我々もまたあなた方
 アメリカ国民の覇権主義に対し
 今まで以上に強く戦います」

同じ様にアメリカと戦っていた
ドイツのヒットラーは、
ルーズベルト大統領の死に際し、
ラジオ放送を通じ、

「運命は歴史上最大の
 戦争犯罪人ルーズベルトを
 この地上より遠ざけた」
などと罵詈雑言を浴びせた。

 

 

 

アメリカに亡命していた
ドイツ人作家トーマス・マンは
鈴木総理の
ルーズベルト大統領死去に対する
哀悼表明に深く感動し、
英国BBCで以下の如く声明を発表、

鈴木総理の
武士道精神を称賛し、
総理の言葉は戦時下の世界に
感銘を与えたとされる。

「ドイツ国民の皆さん、
 東洋の国日本には
 なお騎士道精神があり、
 人間の死への深い敬意と
 品位が確固として存する。

 鈴木首相の高らかな精神に比べ、
 あなたたちドイツ人は
 恥ずかしくないですか」

4月30日、
ヒットラーは自殺している。