日本人捕虜の大和魂 前田利貴

明治2年、明治天皇 靖国神社御創建の聖旨

「我が国のために、尽くした人々の
御霊は 国自ら永久に お祀りすべき
である」

国家のために命を捧げた英霊たちが
いたことは事実です。

その英霊達の行為を我々は誇りとし、
後世に伝へ、日本人が護っていかな
ければなりません。

「一人でも無事なら私達の最後の
状況をいつの日か同胞に知らせて
いただきたい」

先人の無念。

それは戦後、連合国軍によって、
身に覚えのない罪で虐待され、
処刑された先人達の無念です。

そのような中で、堂々と振る舞い、
そして散っていった武人らしい行動も、
我々日本人として立派な先人を誇りに思い、
忘れてはならないものだと思います。

前田利貴大尉。

前田は加賀藩始祖である
前田利家の末裔で、
家族の長男であり、
学習院から法政大学に入り、
学生時代に世界一周もするなど、
名誉も地位もある裕福な家庭に育ちました。

馬術が得意で、学生時代優勝にあり、
次期オリンピックの出場予定候補でも
ありました。

卒業後は三井物産に勤務していました。

昭和23年4月29日、
インドネシアのティモール島
クーパン収容所で行われた裁判において、
前田利家陸軍大尉は
死刑を宣告されました。

前田の罪状はティモール島及び
サウ島で逮捕した捕虜に
拷問を加えて死に至らしめた
現地人拷問致死という
身に覚えのないことでした。

裁判において原住民、
特にサウ島民の多くが、
最後の公判の時まで前田の為に
有利な証言をし、
嘆願もし続けました。

それは前田のサウ島警備隊長時代
の至誠や人徳を表したものでしょう。

インドネシアにおけるオランダ人の
日本人捕虜への虐待は
復習を極めたものでした。

捕虜達は犬や猫の物真似をさせられたり、
夜中に突然起こされコンクリートの上に
二時間も座らされて罵詈雑言を
浴びせられたり、
日本人同士の殴り合いをさせられたり、
床の上にばら撒いた飯粒を
這いつくばって食べさせられたり、
捕虜たちは半死半生となりました。

それでも日本人たちは、
「我々はどうせ死ぬのだ。

この虐待が我々一身に引き受け、
同胞の人に少しでも虐待の及ばぬように。

と申し合わせ神に祈っている次第です」

と励まし合っていました。

前田も最後まで誇りを失わずにいました。