部下を罰するなら
私を罰しろ!

「責任の人」今村均

責任をとるとは

旧日本軍陸軍大将「今村均」は、
まさに徹頭徹尾、
見事に自らの責任を
果たした人である。

インドネシアでは、
民族独立を目指すスカルノとの
友情を貫き、ラバウルでは、
日本陸軍7万人の兵を統率して、
米軍の攻撃をものともせずに、
兵士を玉砕も飢えもさせずに、
敗戦まで持ちこたえ、
無事に帰国させた。

戦犯として捕まった
部下を救うために、
自ら最高責任者として
収容所に乗り込み、
一人でも多くの部下を
救うべく奮闘した。

帰国後は、部下や、
遺族の生活のために奔走した。

その姿はマッカーサーをも
感動させたのである。

責任をとるとはどう言うことか、
今村均の生き方に学びたい。

あなた方と日本人とは兄弟です

昭和17年3月1日、
今村中将は約4万人の兵を率いて、
ジャワに上陸、
わずか9日間の戦闘で、
10万人のオランダ・イギリス軍を
降伏させた。

これは現地人の絶大な
協力の賜である。

例えば、敵軍は退却時に、
舗装道路の両側や中央線に
植えられたタマリンドと言う喬木を
切り倒して、
日本軍の前進を阻んだ。

そこに多数の現地人が現れて、
気を取り除くのを助けてくれた。

休憩時には椰子の実を
振舞ってくれた。

そのうちに、長老らしき
人物が現れ、今村に言った。

「いつか北方から同じ人種が来て、
我々の自由を取り戻してくれる」

と語られていますが、
あなた方は同じ人種でしょうか。

今村は答えた。

我々日本民族の
祖先の中には、
この国から船で日本に
渡って来た人々もいるのです。

あなた方と日本人とは兄弟です。

我々はあなた方に
自由を得させるために、
オランダ軍と戦うのです。

ジャワ占領後、現地人から、
独立の闘士スカルノを
獄から救出して欲しい、
と言う多数の嘆願書を
受けた今村は、スカルノと会い、
戦争終結後インドネシアが
どのような状態になるかは、
日本政府とこの国の
指導者階級とが決めるべき事で、
自分の権限外だが、
自分の軍政中は、
オランダ統治時代よりも
より良い政治と福祉を約束した。

スカルノは今村の言葉を信じ、
協力を誓った。

住民愛護の軍政方針

今村の軍政方針は、
自身が起案した「戦陣訓」
「皇軍の本義に鑑み、
仁恕の心能(よ)く無辜
(むこ、罪のない)の住民を
愛護すべし」に則ったものであった。

例えば、敵が破壊した
石油精製施設の復旧に、
民衆は全力を挙げて
日本軍に協力した。

今村は石油価格を
オランダ時代の半額とし、
民衆は石油が安く使えると喜んだ。

また日本では衣料が
不足して配給制となり、
ジャワで生産される白木綿の
大量輸入を申し入れて来た。

しかし、白木綿を取り上げたら、
現地人の日常生活を圧迫し、
さらに死者を白木綿で包んで
埋葬する彼らの宗教心まで
傷つける、と今村は考えて、
日本政府の要求を拒んだ。

今村の融和的な方針は、
強圧的な軍政を行う
シンガポールのに日本軍幹部
などから批判を浴びた。

しかしその実情を調べに来た
政府高官達、軍幹部は、
「原住民は全く日本人に
親しみをよせ、
オランダ人は敵対を断念し、
華僑に至っては日本人に
迎合これつとめており」

あるいは、
「治安状況、産業の復旧、
軍需物資の調達において、
ジャワの成果がずば抜けて良い」

などと報告して、
今村の軍政を賞賛した。