アメリカ本土を爆撃して
大統領から招待された理由

米国本土を爆撃した唯一の日本兵とは。

そしてレーガン大統領からホワイトハウス
に掲揚されていた
星条旗を寄贈されたのは何故?

先日、日本のテレビを見ていて
驚かされたのが、
最近の日本人の若者の過半数が、
日本とアメリカが戦争したことさえ
知らないという事実です。

それは日本の大学教授が
学生を相手に話していた時に
知ったそうで、
中には「日本はアメリカに勝ったの
ですか?」と、
質問する学生までいたのだとか。

既に終戦から70年が経過している
とは言え、
過去の反省と教訓を未来に活かせ
ることを考えれば、
歴史に対する無知は大きな損失だ
と言えるでしょう。

その点、日米の戦争の歴史を背負い、
戦後、個人として日本とアメリカの
友好親善に努めた元軍人、
故藤田信雄の生涯について
少しでも多くの方に知ってほしいと
願わずにいられません。

◆NYタイムズが報じた、藤田信雄の死

藤田は1997年、この世を去りました。

そして彼の死はニューヨークタイムズ紙に

「米国本土に爆弾を落とした唯一の敵、
藤田信雄、85歳で死す」と題して
報じられたのです。

むしろ、日本よりもアメリカで
彼の功績は広く称えられました。

彼の功績とは?そしてなぜ、
アメリカを攻撃した日本兵が、
非難されるのではなく
称えられるまでになったのでしょうか?

それを説明する前に、話を1942年
に移しましょう。

パールハーバーでの攻撃以降、
日本とアメリカは太平洋戦争に
突入しましたが、
当時、ミッドウェイ海戦での敗退により、
日本は苦境に立たされていました。

そこで起死回生の策として、
「アメリカ本土を爆撃」する計画が
立てられ、
実行するパイロットとして
藤田信雄に白羽の矢が立ったのです。

藤田海軍中尉は、太平洋上の
潜水艦から
零式小型水偵を操縦して飛び立ち、
オレゴンに向けて飛行、
レッドウッドという樹木が茂るエミリー山に
焼夷弾を投下しました。

1942年9月9日早朝のことでした。

これが最初にして最後の
日本軍のアメリカ本土への爆撃と
なったのです。

民間人を巻き込む市街地爆撃ではなく、
原生林を狙ったのはアメリカ人が
恐る山火事を
引き起こすことが目的でした。