今回は、エチオピア皇室に嫁ぐはずだった日本人
女性の物語から。

1933年(昭和6)、千葉久留里藩の旧藩主・
黒田子爵の次女雅子さんと、
エチオピア最後の皇帝。ハイレ・セラシアイ1世陛下
の甥であられた、
アラヤ・アババ殿下との間で縁談の話がありました。

アラヤ殿下は、1931年に使節団のメンバーとして
来日した際、
日本を大変気に入り、日本人女性との結婚を
希望するようになります。

そのことを知った黒田さんは、1933年に両親に無断で
花嫁に立候補。

第一候補に選ばれ、晴れてアラヤ殿下の婚約者に
なられてます。

しかし、当時エチオピア利権を狙っていたイタリアが
この縁談に危機感を覚え、
婚約解消を求めてエチオピア政府を威嚇したことで、
1934年、最終的にこの話は破談になってしまっています。
(なお、その2年後に1936年に、エチオピアはイタリアの植民地に)

日本とエチオピアが共有するこの歴史秘話に、
エチオピア人から様々なコメントが寄せられています。

その一部をご紹介しますので、ご覧ください。

海外の反応

  • いや〜、ものすごく為になったよ‼︎ありがとう

 

  • 2カ国にこんな歴史があったなんて本当に興味深い。

 

  • 素敵な話をシェアしてくれてありがとう。
    通訳官を務めたダバ・ビルは私の偉大な伯父なんだ。

 

  • 私は先祖たちの独立した精神を愛しているし、
    尊敬しています。肌の色も、人種も、国籍も、階級も、
    全てを乗り越えようという精神を持っていた!
    この話もそのことを表してると思うんです‼︎

 

  • 2つの帝国、エチオピアと日本をつなぐ、
    愛と外交に関する、魅力的な、あまり知られていない物語。私の友人の祖父君が特命全権大使だったから、
    この物語をよく知っていたようだ。

 

  • もし実際に結婚していたらどうなっていたんだろうね……。

 

  • 大日本帝國憲法は、1931年に制定された
    エチオピア初の憲法モデル。インジェラ(※エチオピアの民族料理)スタイルの
    スシと共に、この物語は興味深い遺産だね。

 

  • もしこの結婚がうまくいってたら、
    エチオピアの経済、構造、哲学、職業倫理、
    歴史をはじめとして、色々な物事が今とは
    違っていたかもしれないのに。

 

  • 俺たちは、特に今の世代が前に進んでいくためには、
    こういう物語があったことを知るのが大切なんだよ。

 

  • 興味深かった……。
    私が日本文化が大好きなのもなんら不思議じゃないわね。

 

  • どうしてこういう話が教えられてないんだ。
    恥ずかしすぎる。

 

  • 初の駐エチオピア米大使は、エチオピアのことを、
    「アフリカの日本」と表現していたんだよね

 

  • 歴史の授業ではこういう話は教えてくれないんだろうなぁ。

 

  • 本当に本当に素敵な話!
    素晴らしい物語をシェアしてくれてありがとう。
    ……でもうん、本当に衝撃的な真実だったよ。