<君が代は
千代に八千代に
さざれ石の〜・・・>

明快な日本語で
「君が代」を歌い上げた
94歳になる老女は、続けて
「海行かば」を口ずさみ始めた。

<海いかば
水漬(みず)く屍(かばね)
山行かば
草生(くさむ)す屍〜>

歌詞の意味は理解しているという
ロース・テロイさん。

「テルコ」という日本人名も持ち、
「日本人になれるもの
ならなりたかった」と言った。

「緑の島のお墓」を作詞した
アントニア・ウェインティさん(85)は
「蛍の光」「仰げば尊し」を歌って
涙を浮かべ、童話の「浦島太郎」を歌って、

「この歌は
『両親がしてはいけない
ということは
やってはいけない。
罰が当たるよ』
という意味を含んでいる」
と言った。

テロイさんのいとこに
イナボ・イナボさん(故人)
という男性がいた。

元パラオ共和国政府顧問で生前は、
「日本軍と一緒に戦いたかった」
と何度も口にしていたという。

イナボさんは平成7年8月15日、
靖国神社での
戦没者追悼中央国民集会に
参加した際、雑誌のインタビューに
こう話している。

「日本には大切なものが
4つあります。

天皇陛下と靖国神社と
富士山と桜の花です。

アメリカ人から
『日本は小さな国だけども
ルーツ、根っこがあるから強い。

それは天皇陛下と
富士山と桜だ。

それはアメリカにはない』
と聞きました」

「日本人の戦いぶりは
アジアの人々は
皆知っているんですよね。

それで日本を
尊敬しているわけです。

皇室と神社がある限り
日本は倒れない。

日本人が安心していられるのは、
天皇陛下がおられるからですよ。

天皇陛下がおられて、
靖国神社があるからこそ
日本は尊く、
外国からも尊敬され、
強い国となっています」

イナボさんの日本への思い、
そして歌詞の意味を確かめるように
一言一言をて丁寧に歌った
テロイさんとウエンティさん。

2人の心に去来するものは何か。

1885年、パラオは
スペインの植民地となり、
1899年、ドイツに売却され
植民地の時代が続いた。

その時、
ヨーロッパ人により持ち込まれた
天然痘や
圧政と虐殺などで
6万人いた人口は
6千人に激減したと言われている。

いかにひどい
植民地だったかが分かる。

第一次対戦終了後、
パリ講和会議で
日本の委託統治領と決定。

帝国主義の白人は、
植民地政策として、
教育も与えず、
インフラ整備も一切行わず、
搾取することだけを
考えた統治であった。

しかし、日本は全く違った。

学校、病院、電気、道路などの
インフラ整備を行った。

特に教育に関しては、
日本本土と全く同じ
人種差別なき政策を実行。