なぜインドネシア人は
「愛国の花」を歌ったのか?

日本がインドネシア作戦を
展開した時に
宣伝班が4班編成され、
昭和17年3月に
ジャワ島に渡った。

この時、町田敬二中佐を
班長として
私設副班長として参加したのが
山形庄内出身の金子智一である。

宣伝班の彼らが
インドネシアに上陸して
驚いたのは日本軍将兵が
インドネシア人に熱狂的に
迎えられていたことである。

特に日本軍は
教育に力を入れていた。

インドネシア独立のために
「義勇軍(PETA)」をつくって
厳しく指導し、
オランダが350年で
数千人のインドネシア人しか
教育してこなかったのが、
日本軍は3年間で
10万人に教育を施した。

これが後のインドネシア独立に
役立つことになる。

どこの小学校にも
日本人の先生がいたが
それは日本軍の兵隊であった。

サンバス将軍はじめ
インドネシア人は
「日本の先生はみんな親切だった」
と言う。

昭和18年、
金子はバンドンに
「作戦記念館」を設立して
インドネシア独立のために
活躍していた。

そして、終戦となると
英国軍が進駐してきた。

バンドンには民族独立に燃える
インドネシア軍が抗戦した。

昭和21年1月5日夜、
英国軍から金子に
出頭命令が来た。

容疑は
「インドネシア独立運動を
助けたことが
ポツダム宣言違反に当たる」
というものだった。

翌日出頭すると
そのまま逮捕された。

ジャカルタに連行され
コタのグルドック刑務所に入る。

ここには日本人600人、
インドネシア人1400人がいた。

金子は独房に入れられた。

板敷にベット、
穴を掘っただけのトイレだった。

1週間後に取り調べが始まると、
取調官は
「独立に協力したね」
と訊くのでしました」と答えた。

「どういう協力をしたのか」
と言うので「答える前に訊きたい。
インドはかつて
どこのものだったか?

インドネシアは誰のもの
だったのか?」

と逆に質問すると
英国人のブラウン中尉は
「私の質問だけに答えればいい」
と怒鳴った。

金子は屈することなく静かに
「質問にはお答えします。
その前に私の質問に
答えて頂きたい」
と言った。

これは手強いと思ったのか、
その日はそれで終わった。

翌日、前日と同じ質問をしてきた。

すると金子も同じ逆質問をした。

ブラウン中尉は前日より
さらに大きな声で怒鳴った。

そのまま進展せずに
夜になって終わった。

その日、独房に戻ると
金子は鉄格子を掴んで
空を見上げると
インドネシア国歌を歌った。

するとそれを聴いた
インドネシアの囚人が
一緒に歌い出し、
次々と囚人達が歌い出した。

スコットランド出身の看守が
飛んできて
「やめろ!」と怒鳴った。

しかも誰も言うことを聞かず、
最後まで大合唱した。

すると今度はインドネシアの囚人が
日本語で
「愛国の花」を歌い始めた。

日本兵が望郷の思いに
堪えきれず歌っていたのを
インドネシア人が自然と
覚えたものだった。

獄中は日本人と
インドネシア人の大合唱となった。

「まろしき富士の気高さを
心の強い楯として
御国に尽くす女等は
輝く御代の山ざくら
地に咲き匂う国の花・・・
老いたる若き諸共に
国難しのぐ冬の梅
か弱い力よく協わせ
銃後に励む凛々しさは
ゆかしく匂う国の花」

金子は泣いた。

金子がインドネシア独立に
貢献したことは計り知れない。

それをお互いに民族の
垣根を超えて
心のつながりを歌で表す。

日本が侵略国家であれば
こういうことは起こらない。

なぜならインドネシア人は
オランダの歌は歌わない。

金子は昭和22年2月に復員し、
祖国日本の再建に余生をかけ、
平成14年12月24日に
亡くなられた。

戦後日本は
こういう一国の独立に
貢献した立派な日本人に
光を当てないが、
私は絶対に
消してはいけないことだと思う。