このような、自衛隊にまつわる
多くの活躍を日本のメディアが
大々的に報道することが少ないと
言われて久しい昨今。

しかし、こんな考え方もあるという
エピソードが、昭和32年2月
防衛大学校第一回卒業式典にて
吉田茂元首相からこれからの自衛隊になる
第1期卒業生に向けて語られた
訓示という説と、卒業アルバム制作費の
肩代わりを申し出た吉田茂が
防大一期生に興味を持ち、
大磯の吉田邸に学生を呼び寄せた際に、
自宅応接室での立ち話の中で
発せられた言葉とも言われている
以下の言葉があります。

『君達は自衛隊在職中決して国民から
感謝されたり、歓迎されることなく、
自衛隊を終わるかもしれない。

きっと非難とか誹謗ばかりの一生かもしれない。

御苦労だと思う。

しかし、自衛隊が国民から歓迎され
ちやほやされる事態とは、外国から
攻撃されて国家存亡の時とか、
災害派遣の時とか、国民が困窮し
国家が混乱に直面している時だけなのだ。

言葉を換えれば、君たちが日陰者である
時の方が、国民や日本は幸せなのだ。

どうか、耐えてもらいたい。

一生御苦労なことだと思うが、国家のために
忍び耐え頑張ってもらいたい。

自衛隊の将来は君達の双肩にかかっている。

しっかり頼むよ』

この言葉には、戦時中に終戦工作に
関与したために憲兵隊に拘束され、
軍隊嫌いでありながらも戦後は
警察予備隊、警備隊、保安隊、
そして現在の自衛隊の創設に
首相として関わった吉田の政治家としての
苦悩が滲み出ていると言わざるを得ません。

しかし、同時に吉田茂元首相の
この言葉は、現在における日本の
現在を端的に言い表している
言うことも驚愕させられるのではないでしょうか。

現在の自衛隊の方々の、
その日陰の部分に収まらない責務に対し、
日々の感謝する気持ちが必要なのではないでしょうか。