ウガンダ共和国で貧しい人々を救い
「ウガンダの父」と呼ばれる日本人を
知っていますか?

「ウガンダ共和国」
東アフリカの元独裁国家で
国土のほとんどが
標高1200メートル以上。

アフリカなのに年間平均気温23℃と
涼しく過ごしやすい気候です。

面積は日本の本州とほぼ同じで
人口は約3600万人。

40を超える民族が共生することから
世界で最も多様な民族が暮らす国と
言われています。

そんなウガンダ共和国で
「ウガンダの父」と呼ばれる
日本人が柏田雄一(かしわだゆういち)さん。

柏田さんは「フェニックス社」
というシャツメーカーの社長です。

国内でウガンダ人に向けたシャツなどを
製造・販売しています。

しかしなぜ柏田さんはウガンダ共和国に
来ることになったのでしょうか?

工場の入り口に飾られた1枚の看板。

PHENIX LOGISTICS LTD.
社名と国旗の後に続き、

「ウガンダの繊維業界のための
共同プロジェクトである」
という言葉があり、
そして、

「ウガンダの誇り」
と書かています。

一国の大統領から必要とされた
男の足跡は確実にウガンダに
残っていくでしょう。

柏田さんは1958年に大阪の衣料会社
ヤマトシャツに就職。

当時、
品質の良いヤマトのワイシャツが
ウガンダ共和国で大人気に。

現地にシャツ工場を
作ることになりました。

そこで白羽の矢が立ったのが柏田さん。

その理由は彼が外語大出身だったから。

こうして柏田さんは家族を連れ
未知なる秘境ウガンダへ。

そこで雇用したのは
現地のウガンダ人125名。

工場が出来たことで
従業員の生活は飛躍的に
向上しました。

なぜなら当時のウガンダは
農業がメインで、
自分たちの分を
生産していたので
生活は貧困そのものでした。

柏田さんの工場で賃金を得た
ウガンダ人は家族を貧しさから
救う事が出来ました。

仕事にもやりがいを感じ
何不自由ない生活を
送っていた柏田さんでしたが、
ウガンダに来てから
2年後にクーデターが勃発。