明治27年、日清戦争がはじまると
大国相手に挑む小国・日本の姿に
熱いまなざしとを向けていた国がありました。

日本とは地球の反対側の国・アルゼンチンです。

アルゼンチンはスペインの植民地支配から
1816年に独立。

その後も欧米の圧力が続きますが、
屈することなく独立を堅持していました。

当時、日清戦争をアルゼンチンの
新聞はこう書いていました。

「日本は10倍の人口を持つ大国に
挑戦するという。

これ以上望むべきもない勇猛さと豪胆さたが、
我々は清国より日本に共鳴せずにはいられない・・・」

そして、日本が勝利すると
アルゼンチンは今後は日本を手本にすべきだと
日本の研究を始めました。

そのアルゼンチンが最も日本に関心を高めたのが
日露戦争でした。

「なぜ、日本はロシアに勝てたのか?」

アルゼンチンはこのように分析しました。

日本は東洋にあって西洋文明の優れた部分を取り入れ、
他方では自国の伝統や国柄を尊重して継承している。

その根源は聖徳太子の「憲法17条」にある。

日本が素晴らしいのは
604年に憲法が制定されていることである。

そこには「和をもって貴しとせよ。
群卿百寮、礼をもって本とせよ。
それ民を治める本なり」と定めている。

それに対して白人は傲慢無礼で、
暴力的で威圧的に人間を統治している。

日本の精神は道徳によって社会を律し、
国家への「忠」、親への「孝」、夫婦の「和」、兄弟の「愛」が、
宗教でなく社会と過程の中に育まれている。

日本国民は見識を持ち、勤勉かつ壮健である。

彼らの中には祖国とその偉大な人物への崇拝心が混在している。

戦争に勝利したのは東郷でも大山でもない。

戦争に勝つには優秀な将軍だけでは十分ではなく、
優れた軍隊が必要であり、
優れた軍隊を持つには堅牢に建設された
国家・国民が不可欠である。

この分析は日本の国柄をよく研究されており、
鋭い見識ではありません。

大東亜戦争後にアルゼンチンに移住した高木一臣氏は
『回想録』でこのように書かれています。

ぜひ目を通して頂きたい・・・