刀伊の入寇(1019年)から学ぶべき事とは

元寇のさらに250年前の事です。

寛仁3(1019)年3月27日、突然、
壱岐島に、50余隻の高麗船がやってきました。

ひとつの船はだいたい15メートルくらいで、
その船に約60人ずつが分乗していました。

島に上陸した彼らは、100人くらいで一隊をつくり、
先頭の20〜30人が斬り込み隊、
後ろの70〜80人が弓や盾を持ちました。

彼らの持つ矢は4〜50cmの短いもので、
楯も射通すほどの貫通力がありました。

彼らは、上陸と同時に民家に襲いかかりました。

ものすごく残忍な奴らでした。

彼らは武装と人数にものを言わせました。

備蓄の食べ物を奪い、抵抗する男たちや老人、
子供たちを容赦無く殺しました。

女性は強姦し、生き残った者たちは船に拉致されました。

船に拉致された島民たちは、船上で病人とそうでない者に
分けられました。

そして少しでも病気があるものは、
縛られたまま海に投げ捨てて殺されました。

残ったものは、船の舷側に、女は髪の毛で、
男は両手に穴を空けられて吊るされました。

それは、生きたまま干して、乾かして、
干し肉にするためでした。

暴徒上陸の知らせを受けた
国司・壱岐守藤原理忠(ふじわらのまさただ)は、
ただちに47人の手勢を率いて征伐に向かいました。

しかし敵は3千です。

衆寡敵せず皆殺しにされてしまいました。

理忠を打ち破った賊徒は、壱岐の真ん中にある
国分寺(嶋分寺)まで攻め込みました。

寺には常覚という和尚がいました。
気丈な和尚は、僧侶と地元住民たちを
指揮して応戦しました。

そして賊徒を3回まで撃退しました。

しかし賊徒たちは猛攻を諦めません。

やむなく常覚和尚、島民と語り合い、
ひとり島を脱出して事の次第を太宰府に
報告に向かいました。

残された僧侶や島民たちは必死に戦いましたが、
最期には全滅し、嶋分寺は全勝させられました。

こうして女子239人、男子若干が捕虜として
連れ去られました。

壱岐島で生き残った者は、わずか35人だけでした。