ユダヤ資本とコミンテルンの
動きを取り上げます。

風雲急を告げる
日露戦争直前の日本は
軍資金の調達に苦慮していた。

日銀副総裁 高橋是清は
必死に欧米を駆け回り
日本の公債の買い手を探していた。

高橋是清 当時に日銀副総裁

その時、手を差し伸べてくれたのが
ユダヤ系投資銀行
「クーン・ローブ商会」を率いる
ヤコブ・シフだった。

クーン・ローブ商会のヤコブ・シフ

ヤコブ・シフは当時2億ドル(現在の1兆円)の
公債を引き受けてくれた。

投資家として利益を見込んだのは当然だが
別の理由もあった。

世界で最もユダヤ人を抱えていた
ロシアはナチス登場以前の
最大のユダヤ人の迫害国家であった。

特に、この頃ロシアでは
ポグロムと言うユダヤ人
虐殺政策がが進行していた。

ヤコブ・シフは、日本に勝たせ
ロシアの政治に一大変革を起こし
ユダヤ人がその圧制から救われる事を
期待していた。

そして日本は
大国ロシアに勝利する。

ヤコブ・シフはじめ
ユダヤ人も共に喜んでくれた。

後にヤコブ・シフは次のように述懐している.

「ロシア帝国に対して立ち上がった
日本がロシアを罰する
”神の杖”であるに違いない」

日本政府は「日露戦争」勝利の
功績に報いるため
ヤコブ・シフを日本に招待
「勲一等旭日大綬章」を贈った。

残念ながら
日本とユダヤの友好関係は
直ぐに亀裂が入る。

それは小村寿太郎が日露の講和の為
「ポーツマス講和会議」に
出席している時に日本で起きた。

ユダヤ系アメリカ人の鉄道王
エドワード・ハリマンが
来日していた。

(小村寿太郎 日露講和全権大使)
(鉄道王 エドワード・ハリマン)
(桂太郎首相 当時)

ハリマンは桂太郎首相と
南満州鉄道の日米共同経営の
予備協定を締結する。

アメリカも出資するので
南満州鉄道を日米共同で
経営するという話である。

アメリカの狙いは
支那大陸の利権獲得でした。

中国進出の足掛かりとして
『ハリマン構想』を
日本に持ちかけたのだった。

ハリマンと入れ違いに帰国した
小村寿太郎は驚く。

全権大使の自分が知らないところで
日露戦争で日本が獲得した利益の
半分以上をアメリカに売却する
交渉が進んでいたのだ。

ロシアから領土の割譲や賠償が
少なかった不満が
日本国内に渦巻いていた事もあり
日本政府はハリマンとの協定
『破棄』を通告する。

当然、ハリマンは激怒しました。

これを「ハリマン事件」と言う。

これが日米関係が悪化する端緒となった
1905年の出来事です。