1945年8月15日、
日本は敗北を受け入れ、
昭和天皇による
玉音放送をもって
ポツダム宣言受諾を表明。

大東亜戦争はここに終結しました。

その玉音放送で
読まれた文書の中に

「耐え難きを耐え、
忍び難きを忍び」

という日本の
復興についての
御言葉は
とても有名ですが、

「皇祖皇宗ノ神霊二謝セムヤ」

という御言葉を使われたのを
ご存知でしょうか?

「皇祖皇宗ノ神霊二謝セムヤ」

とは、
天津神(国津神)から
お預かりし、
国民「おおみたから」と、
歴代天皇が
守り続けてきた
祈りを戦争という形で
失ってしまった。

そのことを
私はどのように
天照太御神と歴代天皇に
謝罪すれば
良いのでしょうか、
といった日本の
最高祭主としての
悲痛と苦悩が
感じられるものでした。

8月30日、
日本に進駐した
連合国軍最高司令官
総司令部(GHQ)の
ダグラス・マッカーサーは、
千代田区の
第一生命ビルに
GHQ総司令部を設け、
皇居を見下ろす
6階の執務室で、
日本の占領政策に
着手します。

9月27日、
敗戦国の国王となった
昭和天皇は、
敵将マッカーサーに
会うために、
初めて
アメリカ大使館公邸を
訪れます。

しかし玄関で
出迎えたのは、
マッカーサー本人ではなく、
わずか2人の
副官だけでした。

マッカーサーに会った
昭和天皇は、
こう語ります。

「私は、
日本の戦争遂行に伴う
いかなることにも、
また事件にも
全責任をとります。

また私は
日本の名において
なされたすべての
軍事指揮官、
軍人及び
政治家の行為に対しても
直接責任を
負います。

自分自身の
運命について、
貴下の判断が
如何様(いかさま)
のものであろうとも、
それは自分には
問題ではない。

構わず
総てのことを
進めていただきたい。

私は全責任を
負います。」

この言葉に、
マッカーサーは
驚きました。

マッカーサーは、
他の敗戦国の
国王と同様、
昭和天皇が命乞いに
来るだろうと
考えてました。

世界の歴史を見ても、
自らの命と引き換えに、
自国民を
救おうとした国王は
いなかったのです。