太平洋戦争(大東亜戦争)中、昭和天皇は皇居内の
明治宮殿に住まわれていました。

明治宮殿はその名の通り、
明治21年に落成した建物で、
和風の外観に洋風の内装の
和洋折衷スタイル。

また昭和11年に建て替えられた
宮内省第2期庁舎には
「防空室」と呼ばれる部屋がありました。

いわば地下金庫室で、
昭和天皇と香淳皇后は米軍による
空襲警報が発令されると、
宝剣神璽
(ほうけんしんじ・三種の神器のうち剣と印)
持ってこの中に避難されたそうです。

しかしながら昭和16年、
「防空室」は狭い上に大型の爆弾に
耐えうる設計ではなかったため、
新たに防空施設を造ることになりました。

そして2年後の春、施設は完成し、
御文庫(ごぶんこ)と名付けられます。

昭和天皇は午前中は表御座所で政務をされ、
午後はこの御文庫で
お過ごしになるようになりました。

御文庫の広さは1,320㎡。

平屋建築ですが、地下1階と
地下2階があり、
両陛下の居住スペースのほかに
侍従たちの部屋や映写室、ピアノ、
ビリヤードなどがあったそうです。

1トン爆弾に耐えうるよう、
屋根の厚さはなんと3m。

コンクリート層、砂層、コンクリート層の
3層構造をしていました。

戦局が悪化するにつれ、御文庫ですら
危ないということになり、
御文庫のそばに新たな
防空壕を造ることになります。

御文庫付属室です。

御文庫付属室
御文庫付属庫
御前会議の舞台「御文庫付属庫」
地下防空壕だった御文庫付属室の会議室南側の鉄扉