2012年1月27日に、開国少尉と言うペンネームの作者が、
「外祖父が自分の日で見た南京大虐殺」と言う
歴史評論をネット<http://www.kdnet.net>に書き込んだ。

すぐに記事は削除されたのか、
現在は閲覧することができない。

その記事は次のような内容だったと言う。

 

 

「私は小さい頃に、
外祖父が抗日戦場から
何故逃げ出してきたのか分からなかった。

逃げ出したことは秘密で、
外祖父が死去する前年に、
よく雑談の中で何時間も話すようになっていた。

外祖父は、妻が早く死去したということだったが、
それが逃げ出した理由ではないだろう。

私はある日、
やっと外祖父から真相を聞き出した。

彼は四川省の貧農の出身で、
小さい頃から武術で鍛えていた。

1928年に四川で国民党に
捕らえられて兵士にさせられ、
1937年の南京大虐殺前夜に少尉にさせられて、
日本軍の猛烈な攻撃を、
首都を守れ・国父を守れ
というスローガンで防衛するよう命じられた。

しかし
日本軍の進攻を食い止めることなど
出来ないので、南京城から撤退した。

部隊は列車を何両か手配して、
軍用の荷物と食料を積み込んだ。

その時に周囲から、
一般の民衆が老人や子供の手を引きながら
列車に乗り込んできた。

大勢が列車の屋根にも乗っていた。

日本軍は、すぐ近くまで迫っている。

このままでは、
国民党の兵士達は逃げることが出来ない。

誰かが、
日本軍が来たぞと叫び、
国民党指揮官は列車に乗り込んだ
民衆に列車から降りろと怒鳴った。

誰も従わないので、
指揮官は民衆を銃殺しろと命令を出した。

兵士達は民衆を銃殺することなど
出来ないので、互いに顔を見合わせていた。

指揮官は兵士達に、
もうすぐ日本軍が来るのだから、
民衆は日本軍に銃殺されたことにしたら
良いのだと言って、一斉射撃を命じた。

あたりは血の海となり、
兵士の足首まで血が溜まったと言う。

ここで約1千人の南京市民は、
国民党の兵士達から
銃弾を浴びて死んで行った。

国民党の部隊が必死で逃げた後には
死体の山が血の海の中に残され、
それは日本軍の残虐行為として転嫁された。

外祖父は、こんな部隊に残りたくないので、
撤退途中に九江で夜陰に紛れて脱走し、
長江を渡り武漢で列車を乗り越え、
南の小さな山村に逃げ込んだ。

外祖父の記憶では、
他の部隊も同様のことをしてきたという。

全ての国民党による民衆大虐殺は、
日本軍の残虐行為として転嫁されたのである。

外祖父は貧農の出身だが、
国民党の貧乏人を虫けらのように
扱うことに抵抗があったという。

外祖父は、
国民党の軍隊に残っていれば、
出世したかもしれない。

また抗日戦争で戦死していれば、
抗日戦闘英雄烈士との美名で
呼ばれたかもしれない。

しかし、
逃亡する道を選んだ。

そして裏切り者という悪名で呼ばれて、
経歴を隠し通して逃げ回った。

その過去の真実を、
外祖父は死ぬ前になって初めて語ったのである。

南京大虐殺は
自分自身が犯した罪である。

外祖父は恥ずかしくてたまらなかっただろう。

私は反日・反米の青年であり、
ネットによく論評を発表していた。

だが、
そんな単純な反日・反米の青年たちは
利用されているだけなのよ。

天国にいる外祖父よ、

私を許してください」

私たち日本人が戦後自信を無くした要員に、
連合国軍司令部によって、押し付けられた憲法と
「日本人の先人は悪いことをした」と罪悪史観による
歴史認識による洗脳が戦後70年の今まで続いてきたからである。

子供達はそれをまともに信じて、祖国日本に生まれたことを
有り難く思わず、中には憎悪を抱く者まで現れた。

祖父や親達をバカにしていうことを聞かず、
国や家族と言う組織の中で、個人の自由だけが先走り、
勝手な行動をして平気で人に迷惑をかけたり、
犯罪を犯すなど、道徳も道義も廃れて今日のような
混沌の世の中になっていしまったのである。

逆境でも不平不満を言わない
盗みを嫌う、
名誉に命をかける、
貧しくとも高貴である、
災害や不幸にも負けず、
またたくうちに復興する……

魏志倭人伝の時代から現代まで、
世界が驚きを持って伝えた日本人の姿。

最後に、
我が国固有の領土である竹島を不法占拠している韓国、
そして尖閣諸島を強奪しようとしてる中国、
両国に対して 「公正と信義と正義」
を寄せられる日本国民は、今やいません……