平成7年(1995年)1月17日、
阪神・淡路大震災がおこりました。

被災者は、
死者6,433名 行方不明者3名
負傷者43,792名の大惨事でした。

翌年、
震災で親を亡くした子供たち30名が
ポーランドに招待されました。

3週間という長い期間です。

そして招待された子供達は、
ポーランド各地で大歓迎を受けています。

この招待旅行のとき、
世話をした一人の
ポーランド夫人が語ったところでは、
一人の日本人少年が、
片時もリュックを
背から離さないでいたそうです。

夫人が少年に理由を聞くと、
震災で一瞬のうちに親も兄弟も亡くした、
家も丸焼けになってしまったのだといいます。

少年は、焼け跡から見つかった
家族の遺品をリュックにつめたのです。

そしてそのリュックを、
片時も手放そうとしませんでした。

夫人は、
不憫で涙が止まらなかったそうです。

ポーランドでの歓待の最終日、
震災孤児が帰国する
お別れパーティーに、
4名のポーランドの老人がやってきました。

4人とも、
かつてシベリア孤児だった方です。

すでにご高齢で、
歩行もままならない。

しかし彼女たちは、
次のようにおっしゃられました。

「75年前の自分たちを思い出させる。
可哀想な日本の子供達が
ポーランドに来たからには、
是非、彼らにシベリア孤児救済の
話を聞かせたい」

4名の元シベリア孤児の老婆たちは、
涙ながらに薔薇の花を、
震災孤児一人一人に手渡しました。

会場は万雷の拍手に包まれました。

75年前・・・何があったのでしょうか。