日本の象徴・天皇陛下の

とてつもない権威と海外での序列

日本人の多くは知らないが、
天皇陛下は世界トップともいえる
権威をお持ちである。

その国際的序列は・・・

天皇陛下(Empror)

≧ローマ法王(Pope)

>英国女王(Queen)

>アメリカ大統領(President)

>日本国首相など(Premier)

ローマ法王と並び、
世界の2トップである。

エリザベス女王でさえ、
天皇陛下と同席する際は上座を譲り、
米国大統領も晩餐会では
最高儀礼のホワイトタイで歓迎。

現役米国大統領も深々とお辞儀

昭和天皇訪米時には、
空港・ホワイトハウスで
史上例を見ない米5軍による観閲儀仗も行われた。

その他の国も・・・

大歓迎される天皇陛下

またこんな話がある

来日した世界中の大使が天皇陛下のもとに
自国の元首からの信任状を捧呈するために皇居へ向かう。
その際に、車で向かうか、馬車で向かうかを選択するが、
ほとんどの大使が馬車を選ぶという。

その理由は・・・

日本の天皇陛下に
大使として信任状を捧呈する栄誉を
限りなく名誉と感じているからである。

では、なぜ天皇陛下は
世界各国から敬われるのか?

現存する最古の王朝であり、
現存する唯一のエンペラーであり、
現存するただ一つの神話を
バックボーンに持つ血統だから。

神話によると2665年前に
初代神武天皇即位から
歴史上少なくとも1500年途切れることなく、
現代まで続いてきた。

これほど長く1つの系譜で続いた王朝は
世界のどこにもない

男系天皇の歴史が途絶えれば
日本の天皇家の権威は失墜し、
日本は単なるアジアの三流国に転落する

世界的権威のトップ2の中に、
キリスト教徒ではない、
しかも黄色人種がいるということは、
世界の人種・宗教のパワーバランスにおいて、
大きな意味を有している。

天皇陛下がいなければ、
名実ともに白人とキリスト教徒が
最も偉いということになり
その悪影響は計り知れない。

また、天皇陛下の凄さは
それだけではない。

天皇陛下はまた、神道の法皇として、
日々、祭祀を覆内、日本の国民が幸せになるように、
日本が平和であるように、常に祈り続けている。

祭祀は、肉断ちや水ごりを伴い、
日頃からの節制や、体力が要求されるものも少ない。
それに加えて、国賓の接待や御公務、国事行為などを
日々、精力的にこなされているのである。

日本の象徴であり
世界でも唯一無二の存在

それが

天皇陛下