【神風特別攻撃隊】

大東亜戦争末期、
その尊い命を国のために
捧げた彼らが
出撃の前の¥に愛する人たち
に向けてしたためた
「最後の手紙(遺書)」
そんな思いで、
書き残したのでしょうか…

その手紙を見た海外各国からの
様々な反応ととに
ご紹介いしたいと思います。

「命の使い方」
〜日本人として知っておきたいこと〜

「イッテマイリマス
イチノニホンニ エイコウアレ」

===================

神風特別攻撃隊の編成

大東亜戦争末期、
昭和19年6月15日
ついにサイパン島が没落
B29による日本本土の
直接爆撃が可能となった。

さらに日本の南方と石油を
つなぐ戦略的な要所である
フィリピンの攻略に米国が動いた。

フィリピン本島

部下
「大西中将、
サイパンが没落しました!
米軍が来ます!」

大西
「・・・」
「そうか
皆を招集しろ!」

フィリピンを守る航空艦隊の
戦力
零戦わずか40機
これだけの戦力でどうしようも
ないことは明らかと思われた。

大西
「サイパンが没落した。
ここは爆薬を250kg
抱かせて体当たりするほかに
確実な攻撃方法はないと思うが・・・」

隊員
「やらせてください!」

この時、
全員が両手をあげてこの作戦に
賛成した。
当時の隊員たちの士気は
そんなものであったのだ。

神風特別攻撃隊の編成である
特攻隊の父と呼ばれた大西中将が
特攻隊編成直後に涙ながらに、
隊員たちに語った言葉がある!

「特攻は統率の外道である!
もう戦争は続けるべきではない!」

ただアメリカを本土に迎えた場合、
歴史にみる、
インディアン、
ハワイ民族のように闘魂あるものは
次々に各個爆破され、
日本民族の再興の機会は永久に
失われてしまうであろう。

しかし特攻により、
敵を追い落とすことができれば、
七分三分の講和ができる。

そのために・・・
特攻を行ってでもフィリピンを
最後の戦場にしなければならない。

しかしこれは、
九分九厘、成功の見込みなどない。

では、
何故見込みのないのに、
このような強行、
愚行をするのか?

「ここに信じてよいことがある」

いかなる形の講和になろうとも
日本民族がまさに亡びんとする
時に当たって、
身をもって防いだ若者たちがいた
という歴史に残る限り
500年後、
1000年後の世に
必ずや日本民族は再興するであろう。

この言葉を胸に、
隊員たちは飛び立っていいった。

自らもメッセージを遺して・・・
「イッテマイリマス
イノチノニホンニ エイコウアレ」