「従順ならざる
唯一の日本人」

日本人として誇りを
失わなかった白洲次郎

戦後当時、
日本政府はGHQに対して
誰もが従順でした。

しかし、
あのGHQが一目置かざる負えない
ある日本人がいました。
彼はGHQに
「従順ならざる唯一の日本人」
とまで称されるようになったのです。

今回はそんな、
日本人としての誇りを
失わなかった白洲次郎のお話です。

昭和20年(1945年)のクリスマスの日、
GHQと政府各省庁との連絡のため
設けられた終戦連絡中央事務局に、
当時43歳だった白洲次郎が姿を見せます。

それは、
マッカーサー元帥に昭和天皇からの
贈り物を届けるためでした。

「適当にその辺にでも置いてくれ」

ぞんざいに扱うマッカーサーに、
白洲は激怒します。

「天皇からの贈り物を、
その辺におけとは何事か!」

その剣幕に、
さしものマッカーサーも
あわてて謝ったといいます。

最高権力者にさえ
物怖じしなかった白州には、
一つの信念がありました。

「我々は戦争に負けたのであって、
奴隷になったのではない」

イエスマンばかりの日本政府の中で、
はっきりものを言う白洲次郎は、
GHQによって

「従順ならざる唯一の日本人」

と記録されています。

白洲次郎は、
明治35年(1902年)、
兵庫県芦屋の実業家の家に生まれました。
19歳の時、
イギリスの名門ケンブリッジ大学に入学。

昭和3年(1928年)に帰国後、
伯爵樺山家の令嬢、正子と結婚、
貿易業に携わり、
海外を飛び回る生活を送るようになり、
やがて樺山家と親しかった、
外交官・吉田茂と知り合います。

敗戦の翌日、
白州は終戦連絡中央事務局の
責任者として抜擢され、
新憲法の草案づくりなどに
参画することとなります。

白州は自らの手記に、

「今に見ていろという気持ちを抑えきれず。
ひそかに涙す」

と記し、
GHQの主導で作られた
この憲法こそ敗戦国の厳然たる
現実を露出したものだと
悔しさを滲ませています。
「従順ならざる唯一の日本人」
と称された白洲次郎も、
憲法に関してはGHQの強硬姿勢に
従わざるをえなかったようです。

また、
有名なエピソードがあります。

1951年(昭和26年)9月、
サンフランシスコ講和会議に
全権団顧問として随行しました。

外務省の説明によると、
首席全権であった吉田茂は当初、
英語で演説を行うつもりでしたが、

日本の「ディグニティ(尊厳)」
のために日本語でする方が
良いだろうとの米国側からの
提案に従い、当日になって、
急遽日本語で演説する
こととしたといいます。

しかし白州の回想によれば、
この時受諾演説の原稿を
外務省の役人がGHQに対する
美辞麗句を並べ
かつ英語で書いたことに
白州が激怒、

「講和会議というものは、
戦勝国の代表と同等の
資格で出席されるはず。
その晴れの日の原稿を、
相手方と相談した上に、
相手側の言葉で書く馬鹿が
どこにいるか!」

と一喝し、
急遽日本語に
書き直したのだそうです。

原稿は随行員が手分けして
和紙に毛筆で書いたものを
繋ぎ合わせた長さ30m、
直径10cmにも及ぶ巻物となり、
内容には奄美大島、
沖縄並びに小笠原諸島等の
施政権返還が盛り込まれたそうです。

吉田退陣後は
政界入りを望む声もあったが
政治から縁を切り、
実業家に戻ったそうです。