世界一貧しい国を
一年で国を変え導いた
日本人が凄い‼︎

ブルネイが日本人を尊敬し
親日になった感動実話

ご存知でしょうか?

ひとりの日本人が
ブルネイの人々に寄り添い
豊かな国へ変えたことを…

南東アジア・ボルネオ島の
北部に位置する
ブルネイ・ダルサラーム国
通称ブルネイ。

三重県とほぼ同じ面積ながら
石油や天然ガスなど
地下資源が豊富で
これらの輸出により経済は安定。

なんと、
国民の税金はほぼゼロ。

医療費も国が負担するなど
世界有数の裕福な
国として知られている。

だが・・・かつては、
世界で最も貧しい国の一つだった。

この進化の陰には、
国の経済だけでなく、
人々の心まで大きく変えた
ひとりの日本人の存在があった。

その日本人がブルネイに
やってきたのは、
今から74年前のこと。

1939年、
第二次世界大戦が勃発。
日本は1941年から東南アジアの
アメリカ・イギリス・オランダが
植民地とする島々を次々に占領。

翌年には、
イギリスが支配していた
ブルネイ侵攻。
兵力が少なかった
イギリスはすぐに撤退し、
日本軍が手中に収めた。

そしてこの国を
「日本国ブルネイ県」と制定、
日本の統治下においたのだ。

そのブルネイ県知事に任命されたのが・・・
木村強(当時41歳)

宮城県出身の木村は、
県庁で商工課長などの要職を歴任。

そして1942年、
旧日本陸海軍が占領地の行政を行う
司政官として戦地へ向かう事へ。

その最初の仕事がブルネイ県知事だったのだ。

木村はブルネイに到着後、
まずは始めに当時の国王アハマドと面会。
「日本国ブルネイ県」
となった後も、
日本は国王の地位は変えず、
その権威はそのまま守られていた。

そして木村は国王に対して、
敬意を持って接する事を
忘れなかった。

木村は国王にブルネイに詳しい人物を
1人付けてもらえるようにお願いした。