1991年、
日本の傷痍(しょうい)軍人会代表団が、
大東亜戦争の対戦国であったオランダの
首都アムステルダムを訪問した。

彼らは、同国の傷痍軍人代表らとともに、
市長主催の親善パーティに招待されたのだった。

オランダといえば・・・
大東亜戦争で日本に植民地を奪われた腹いせに、
昭和天皇陛下オランダ訪問の際には生卵を投げつけたり、
陛下手植えの苗を引き抜く嫌がらせをしたりといった、

非常に強い反日感情が見られる国の一つである。

参加者が見守る中、
のちのオランダ国務大臣アムステルダム市長
エドゥアルド・ヴァン・ティン氏の歓迎挨拶がはじまる。

 

「あなた方日本は、先の大戦で負けて、
私どもオランダは勝ったのに、
大敗しました。

今、日本は世界一、二位を争う経済大国になりました。

私たちオランダは、その間屈辱の連続でした。

すなわち、勝ったはずなのに、貧乏国になりました。

戦前はアジアに本国の三十六倍もの面積の
植民地インドネシアがあり、
石油等の資源産物で、本国は栄耀栄華を
極めていましたが、
今のオランダは、日本の九州と同じ広さの
本国だけになりました」

これを聞いた日本の代表団は、
一瞬にして緊張した面持ちになった。

先の大戦の後ろめたさから、
日本への誹謗中傷や冷たい言葉が、
当然その後に続くものと誰もが覚悟していた・・

ところが・・・
彼らが聞かされた言葉は驚くべきものだった・・・

エドゥアルド・ヴァン・ティン氏は続けて、
次のように語ったのである。

「あなた方日本は、アジア各地で侵略戦争を
起こして申し訳ない、
諸民族に大変迷惑をかけたと自分を蔑み、
ペコペコ謝罪していますが、
これは間違いです。

あなた方こそ、自らを流して東亜民族を解放し、
救い出す、人類最高の良いことをしたのです。

なぜなら、あなた方の国の人々は過去の
歴史の真実を目隠しされて、
今次大戦の目先のことのみ取り上げ、
あるいは洗脳されて、悪いことをしたと、
自分で悪者になっているが、
ここで歴史を振り返って、真相を見つめる必要があるでしょう。

本当は私たち白人が悪いのです。

100年も200年も前から、競って武力で
東亜民族を征服し、自分の領土として
勢力下にしました。

植民地や属領にされて永い間奴隷的に
酷使されていた東亜民族を解放し、

共に繁栄しようと、

遠大にして崇高な理想を掲げて、
大東亜共栄圏という旗印で立ち上がったのが、
貴国日本だったはずでしょう。

本当に悪いのは、侵略して
権力を振るっていた西欧人のほうです。

日本は敗戦したが、
その東亜の解放は実現しました。

すなわち日本軍は戦勝国の全てを、
東亜から追放して終わりました。

その結果、アジア諸民族は各々独立を達成しました」

日本の功績は偉大です。
血を流して戦ったあなた方こそ、
最高の功労者なのだから。
自分を蔑むのをのを止めて、
堂々と胸を張ってその誇りを取り戻すべきです

参加者全員、思いがけない市長の発言に
感動し涙を流したのは言うまでもない。

世界的に大観すると、
大東亜戦争はアジアが西洋に勝った戦であり、
それはこの戦いをリードした唯一の
アジア独立国・日本の功績にほかならない。

そこに大義あればこそ・・・
日本は負けてなお勝利を得たのだ。