嘉永6年6月3日
(1853年7月8日)、
アメリカのペリー提督率いる
黒船艦隊(東インド艦隊)が
来校しました。

ペリーは翌、嘉永7年1月16日
(1854年2月13日)に
旗艦サスケハナ号など
7隻の軍艦を率いて
再び来航し、条約締結を求め、
3月3日
(1854年3月31日)、
日米和親条約を締結しました。

ペリーには江戸日本、日本人は
どう映ったのでしょうか。

「日本人の並外れた好奇心には
驚かされる。

我が国の独創的な
発明品の数々を展示すると、
彼らはあの手この手で
飽くなき好奇心を
満足させようとした。

日本人にとっては、
どの展示品もこの上なく
珍しかったに違いないが、
それを事細かに観察する
だけでは気が済まず、
士官や乗組員らの後を
ついてまわり、
機会さえあれば
衣服に触ってみようとする」

日本人の好奇心には驚いたようです。
珍しくて「ほう」
感心するだけでなく、
しつこく飽きることのなく
見て回るのです。

「乗艦を許された人々も
同じように詮索好きで、
近づけるとこなら
隅々まで覗き込み
あちこちの寸法を測ったり、
目に触れるものは
何でもかんでも独特の流儀で
写生したりする」

技術を盗もうとしたわけです。
さらにペリーは
鋭い観察をしています。

「実際的および
機会的技術において、
日本人は非常な巧緻(こうち)を
示している・・・

日本人がひとたび
文明世界の過去・現在の
技能を有したならば
機械工業の成功を目指す
強力なライバルとなるであろう」

江戸日本には既に
一定の高い技術力が
あったことを示しています。
だから黒船を評価でき、
持ち前の好奇心で
様々な角度から
分析できたのです。

ぺりー初来航から2ヶ月後には
洋式大型軍艦に着手し、
翌年には完成させています。
「鳳凰丸」です。

蒸気機関車の模型も
安政2年(1855年)には
走らせることに成功しています。

 

「読み書きが普及しており、
見聞を得ることに
熱心である。
彼らは自国についてばかりか、
他国の地理や物質的進歩、
当代の歴史についても
何がしかの知識を持っており、
我々も多くの質問を受けた」

 

「長崎のオランダ人から得た
彼らの知識は、
実物も見たことのない
鉄道や電信、銅板写真、
ペキサン式大砲、
汽船などに及び、
それを当然のように語った。

またヨーロッパの戦争、
アメリカの革命、ワシントンや
ボナパルト(ナポレオン)
についても的確に語った」

識字率は大きなポイントです。
明治期の日本人の識字率は
50%を超えており、
当時の世界一の大国である
イギリスの20%を
凌駕していました。

こうしたものに対して
フランスの社会学者
ピエール・ブリューディは
「文化資本」という概念を
適用しています。

知識、知性、教養、マナー、
伝統的なものなどを指し、
ブリューディは
「社会資本より
文化資本の方が強い」
と指摘しています。

比較文化学者の
金文学氏によると
日本は江戸期に
高い文化資本を持っており、
これが明治に入って
西洋文化を吸収し、
近代化に成功した秘訣だと
述べています。