日本を列強国が
植民地にできなかった理由
当時の西欧人が語った事とは

日本が侵略されなかった理由としては、
西欧から遠かったからとか島国だからなど
地政学的なことを言われることがありますが
当時の日本人の資質が他のどの国の
人々とも違っていたからであるという
理由が大きいようです。

当時、徳川家康はキリスト教を
統制することよりも、貿易による
経済的利益を優先したので、
キリスト教信者が急増したようです。

結果、幕府にとって
これは脅威となりました。

スペインがキリスト教を広めて
日本を征服しようとしていると
言うことを知り、幕府は1612年、
キリスト教禁止令を出し、その後、
幕府は日本船の渡航にも
次第に制限を加え、1612年には、
日本人の海外への渡航も帰国も、
全て禁止することになりました。

後に島原の乱などの反乱もあり、
鎖国していなければ、今の日本は
キリスト教により
違う国になっていたかもしれません。

フランシスコ・ザビエルの至言

ご存知の通り、イエスズ会の宣教師

初めて日本にキリスト教を伝えた
イエスズ会設立者の一人です。

彼は日本について、
手紙でこう記しています。

『この国の人々は今までに
発見された国民の中で最高であり、
日本人より優れている人々は、
異教徒の間では
見つけられないでしょう。

彼らは親しみやすく、一般の善良で、
悪意がありません。

驚くほど名誉心の強い人々で、
他の何ものよりも名誉を重んじます。

大部分の人々は貧しいのですが、
武士も、そうでない人々も、
貧しいことを不名誉と思っていません』

西欧人以外の多くの異人に接してきた
ザビエルは、日本人があまりにも
民度が高く優秀なので驚き、
このような賛嘆を
繰り返し述べていたそうです。

おそらくザビエルは、ヨーロッパよりも
日本の文化の水準の方が
高いと感じたのでしょう。

例えば、

「好奇心が強く、しつこく質問し、
知識欲が旺盛で、
質問はキリがありません」

「とても気立てが良くて、
驚くほど理性に従います」

「日本の人々は慎み深く、
また才能があり、知識欲が旺盛で、
道理に従い、その他様々な
優れた素質がある」

と言い、

その優れた資質に
驚きを隠していなかったと言われています。

また、清貧を良しとし、
名誉を重んずるということが、
当時の日本人の特徴として
特筆されています。

「日本人たちは、キリスト教の
諸地方の人々が決して持ってないと
思われる特筆を持っています。

それは武士たちが、いかに貧しくとも、
そして武士以外の人々が
どれほど裕福であっても、
大変貧しい武士は金持ちと同じように尊敬されています」

「名誉は富よりも
ずっと大切なものとされています」

西欧の魔手から
逃れられた理由

ザビエルは純粋に布教の希望で
日本に来たものと考えられています。

しかし、植民地化の
先兵としての役割を果たしていた
宣教師も多かったのも事実です。

宣教の名の下に他国に入り込み、
それを足ががりにして
侵略していくという手法です。

明治維新後日本に来たチェンバレンは、
こう言います。

「我がキリスト教と
人道主義を振りかざす人々が、
実は単なる偽善者に過ぎないことを
どの東洋諸国民も知っているのであれ彼ら
(日本人)もまた充分によく知っている」

大航海時代はその実、
ヨーロッパ諸国の大侵略時代でした。

東南アジアは多く植民地化され、
日本にもその魔の手は来ました。

しかし西欧は、他の民族とは
違うものを日本に見て、
制服することに困難を感じました。

その理由は・・・

《武士の存在》

名誉心が強く、人に誇りを
傷つけられるのなら、死を賭してでも
それを防ぐという武士には
制服する側としては
とても手ごわい存在だったでしょう。

イタリアのイエスズ会巡察師の
アレッサンドロ・ヴァリニヤーノは

「日本は何らかの制服事業を
企てる対象としては不向きである。
何故なら(中略)国民は非常に勇敢で、
しかも絶えず軍事訓練を積んでいるので、
制服可能な国土ではない」

と言っています。

進取の気風がある
種子島に鉄砲が来て、
二挺買い取ったらすぐそれを
自らの手で作り上げ、10年のうちに
日本に普及させる日本人の凄さ。

これは新しい物を取り入れる
気概と明敏さがあり、また、
伝達網がしっかりしているということです。

進取、自主できない国が一般的で、
植民地化されてしまいました。

民度の高さ
字の読み書きできる人が当時の割に多く
『理知的で理解が早い。
高い道徳性で秩序が保たれている。
付け入る隙もない』

と言われていたそうです。

《地理的条件》

日本はヨーロッパから遠く、
また東南アジアの植民地からも
距離があり、海に囲まれ
制服の軍を出すにしても
陸続きの兵站(ひょうたん)の供給ができない。

これらの理由により諸外国は、単純な
征服は手控えざるをえませんでした。

そこで、作戦変更し、
まずは宣教または貿易で門戸を開かせ、
足がかりを作り、しかる後、
戦争に持っていく、
そんな作戦だったでしょうが、
江戸期の指導者はそれを見抜き
いわゆる「鎖国」という政策を実施し、
相手が来られないようにしたわけです

フランスの啓蒙思想家
ヴォルテール(1694〜1778)は、
『習俗試論』という
大著を著しています。

その本の最終章は、
何故か日本についての記述で、
「17世紀の日本と同国における
キリスト教の消滅について」という題で、
以下のように述べています。

「日本人は寛大で、気安く、
誇り高い、そして、その決断に関しては
極端な一民族である。

彼らは最初異国人たちを
好意を持って受け入れた。

ところが、自分たちが侮辱されたと信ずるや、
彼らとはきっぱり縁を切った」

と述べ、
キリスト教の日本壟断(ろうだん)の意図に対する
日本の英断を称えています。

インドの首相ネルーは、この時期の
日本についてこう述べています。

「むしろ彼らが、ヨーロッパとは
ほとんど交渉がなかったにもかかわらず、
宗教という羊の皮をかぶった
帝国主義の狼を看破る洞察力を
持っていたことこそ、驚くべきことだ」

このようにして、西洋の恐るべき
植民地化の罠から脱した日本は、
世界史的に特筆すべき長期の
平和な江戸時代を築きました。

その後アメリカのペリー提督が
やって来て欧米の武力を背景に
開国を迫ります。最終的には日本を
植民地化したかったとされていますが
それも回避することができました。

当時は中国では
太平天国の乱が起きていますし、
インドでもセポイの反乱が起きています。

これにより中国やインドでは
民衆が暴れまわっていました。

これにより欧米は団結した
民衆の力の怖さを知ったかもしれません。

もう一つはアメリカの
南北戦争だと言えるでしょう。

アメリカは南北戦争により
日本に構っている事が
できない状態になってしまいます。

アメリカ国内で戦争しているのに、
極東の日本がどうこう言っている
事態では無くなってしまいました。

その間、富国強兵政策などを行い、
10年間で日本は軍事などの
近代化を達成し、欧米と戦える
力を持つ事ができたのです。

時は流れ先の大戦で負けた日本は、
アメリカに占領されました。

その時にアメリカのGHQは
日本の憲法を
決めてしまうなどを行っています。

それが未だに尾を引いていて、
今の状態は
アメリカの植民地だと言う方もいますが、
それは極端ではないかと思います。

確かに植民地とまでは言えませんが、
アメリカの意向をかなり
汲んでいる場合もあると言えるでしょう。

これからの日本は少子高齢化などもあり
どのように進むかは
全く分からないとも言えます。

しかし、前述の通り私たちの先祖たちが
色々な苦境を乗り越えて来たからこそ
今があります。

今できることを少しでも考えて、
明るい未来を創っていきたいですね。