今上陛下を身を挺して守った
皇后陛下の瞬時の判断

今上陛下と皇后陛下は全国津々浦々、行幸されます。

ご訪問先では大歓迎を受けるわけですが、
日本全国1億2千万人もの人口を考えれば、
当然いろんな考えの人がいるもので、
行幸を面白くなく感じる
人も中にはいるわけです。

場合によっては強硬な手段で
反対の意を示す者もいます。

憲法第19条で「思想及び良心の自由は、
これを侵してはならない」とありますから、
何を考えようがそれは各人の自由なのですが、
法に反してでもその意思を
具現化しようとすることもあります。

無論、行幸先では警備がつくわけですが、
その目をかいくぐって過激な講義が行われた
ことも実際には何度かありました。

そのとっさの折、事態に遭遇された
両陛下はどのような行動をお取りに
なったのでしょうか。

平成4年(1992年)に山形県で
行われた第47回国民体育大会
(山形べにばな国体)
開会式でのことです。

開会のお言葉を述べられる今上陛下、
その隣には皇后陛下が
お立ちになられています。

そこへ突然、競技場内の
トラックから男が駆け寄り、

「天皇訪中反対
「天皇は帰れ」などと叫びながら

両陛下のいらっしゃるロイヤルボックスに
向かって発煙筒を投げつける事件が
発生しました。

(当月に両陛下には中国ご訪問の
ご予定がありました)

男が動き始めたその時、
皇后陛下はすぐさま異変を察知されます。

そして一瞬のご判断で、皇后陛下は
一切の躊躇なく右手を今上陛下の
前へ伸ばして、陛下をかばわれたのです。

その実際の映像がこちら

 

幸いなことに発煙筒が両陛下の近くまで
届くことはなく、今上陛下のお言葉が
中断することはありませんでした。

事態が大事に至らないとご判断された
皇后陛下は、すぐにお手を下ろし、何事も
なかったかのように元のご姿勢に戻られます。

皇后陛下が異変にお気づきになってから、
右手をお伸ばしになり、元のご姿勢に
戻られるまでの時間なんとわずか4秒。

一瞬での的確なご判断と、それを
実際に行動に移すご瞬発さ、さらには
開会式の場を騒動にしてしまうのではなく、

すぐに平時の微笑をお湛えになる平常心、
どれをとっても感服の極みです。

今上陛下もまた、お手元の文面を
お読みになりつつも、視線を前方へ向けたり
されていたので、暴漢の登場にはお気づきになって
いたのかもしれません。

しかし、何ら同様されたご様子を
お見せすることもなく、
粛々とお述べになり続けておられました。