天皇陛下の凄まじい権威や、 
その素晴らしさをご存知でしょうか。

日本人が知らない、
日本人にこそ知ってほしい、
天皇陛下の真実を伝えていきます。

世界最強は日本の天皇陛下!
日本人が知らない
世界一の権威である所以

残念なことに日本では一部の人たちが
「天皇は税金の無駄遣い」
言われることがあります。

しかし

日本人の認識とは裏腹に
海外では天皇陛下のことを
世界最高の権威として認知しています。

キリスト教の最高聖職者
ローマ法王以上の権威があり

あのエリザベス女王でさえ、
天皇陛下と同席するときは上座を譲ります。

アメリカ大統領も晩餐会には最高儀礼の
ホワイトタイで出席するほどです。

ちなみに、アメリカ大統領が
この歓迎の仕方をするのは、
「天皇陛下」「ローマ法王」「英国君主」
の3人のみです。

これだけではありません。

昭和天皇訪米時には、
ホワイトハウスで史上例を見ない
米5軍による閲覧儀仗という異例の対応。

ダイアナ妃も

タイの女王殿下も

現役の大統領でさえ
陛下の前では最敬礼です。

天皇陛下の権威を知らない方は、
何故世界でこれだけ敬われているのでしょうか
不思議に感じることでしょう。

そこで、ここからは皇室の歴史を
紐解いていきます。

皇室は、現存する最古の王朝であり、
現存する唯一の皇帝であり、
現存するただ一つの神話をバックボーンに持つ血統です。

神話によると2675年前に
初代の神武天皇が即位され、
現在でなんと125代目になります。

さらに、男系で継承されており、
家系図で父親を辿っていくと
初代神武天皇に行き当たります。

これほど長く1つの系譜で続いている
王朝というのは世界のどこにもありません。

世界で最も歴史の古い王家の血脈を今に伝える
文化的にも価値の高い存在なのです。

そんな天皇陛下が、
日本にいることで
どんな恩恵があるのか

皇室が存続することで、
外交的にも最上級の国賓待遇を
以って接せられます。

その存在そのものが
莫大な影響力を持っているのです。

その男系天皇の歴史が途絶えたら、
日本の皇室の権威は失墜し、
日本は単なるアジアの3流国になるでしょう。

また、天皇陛下が素晴らしいのは
それだけではありません。

天皇陛下は日本全国にある
神社(神道)の最上位の存在です。

つまり、日本中の神主さんの長(法皇)です。

皇室は、2000年以上も日本国民の代表者として
五穀豊穣を願い、古代からのしきたりに則って、
神々に祈りを捧げ続けているのです。

天皇陛下にプライベートはありません。

生まれてから、天に召されるまで、
日本国民のために尽くされる存在です。

また、驚くことに70歳を超えているにもかかわらず、
朝早くから夜遅くまで分刻みの超過密スケジュールなのです。

日本人の幸せを願い、
生涯祈りを捧げ続ける存在。

 

それが

 

天皇陛下