世界最強天皇陛下の権威

日本の天皇陛下の生活が凄すぎる!
世界の王室と比較した結果が半端ない!
海外が驚愕した驚きの生活とは・・・

 

 

天皇陛下の生活を
このように誤解している人は
多いのではないでしょうか。

天皇陛下や皇室はお金持ちで
一流のものを食べている。

そして、一流のものを身につけて、
優雅な暮らしをしている。

学校でも教えられず、
メディアも取り上げることがないため、
他国の王室と同じだと思ってる人は多いでしょう。

実際に昭和天皇の料理番として
有名な矢部金次郎さんの講演の際は、
必ずこのような質問があるそうです。

「天皇陛下は金の箸や年代物の
食器を使っているのか?」

「どんな豪華な食事をしているのか?」

これに対して普段のお食事は、
焼き魚やほうれん草のおひたし、
粥やオムレツなどの普通の総菜であると回答すると、
多くの人が驚くそうです。

谷部さんも奉職当初は
「どんな豪華な料理が担当できるのだろう」
と期待したのですが、

「注文されるのがありふれた
総菜ばかりなので拍子抜けした」

と語っています。

その一方で、宮中祭祀などの
儀式用の料理は、
材料の切り方や色合い。

さらに、盛り付け方などが極めて厳格で、
慣れないうちは何度も作り直しを
命じられたそうです。

神祭に対する
陛下のお考えが拝察されます。

神道では、獣類は人間に近く、
これを殺傷して食することは罪穢れ(つみけがれ)とされており、
陛下も最高位の神官として神祭の前は、
獣肉類を断つことはもとより、
潔斎に努められたことが伝えられています。

また、昭和天皇は生物関係の
研究所を購入される時に侍従に、
「少し高価だが、経費に差し支えなかったら
買ってもらいたい」と新聞広告をしめして
相談されたというエピソードや

皇太子殿下(今上天皇)の初等科卒業のお祝いに、
写真機をプレゼントされたのですが、
「あまり立派なものや高価なものは与えては
将来のためにならん」とおっしゃられ
宮内庁写真部の中古品を利用したとも言います。

皇室は戸籍がないため、
保険にも加入できません。

宮内庁病院を利用すれば皇室は無料ですが、
最新の医療技術が整っているわけではないので、
宮内庁病院で手に負えない病気になると
一般の病院で治療するため高額となります。

「設備がボロボロ」

「なぜロイヤルベビーが
質素な病院で生まれなければならないのか」

と報じたそうです。

天皇陛下は世界の王室に比べ、
非常に質素な暮らしをされているのです。

 

2010年米紙「フォーブス」
世界王室資産額ランキングより抜粋

タイ国王(ラマ9世)
財産300億ドル(2兆6000億円)

ブルネイ国王
財産200億ドル(1兆7000億円)

サウジアラビア国王
財産180億ドル(1兆6000億円)

アラブ首長国連邦 首長
財産150億ドル(1兆3000億円)

ドバイ首長
財産45億ドル(4000億円)

リヒテンシュタイン
財産35億ドル(3100億円)

モロッコ ムハンマド6世
財産25億ドル(2200億円)

カタール サーニー首長
財産24億ドル(2100億円)

モナコ アルベール2世
財産10億ドル(900億円)

インド アーガー・ハ-ン4世
財産8億ドル(700億円)

 

 

日本の皇室は”ランク外”です。

 

 

世界最古であり
世界最高の権威である皇室であるにも関わらず、
王族などではない資産家の方が良い暮らし
(物理的、西欧的発想では)をしているでしょう。

 

では「金があるから偉いんですか?」

 

「権力があるから偉いんですか?」

 

違いますよね。

 

権力や金では人々は
ひとつになれません。

 

天皇が民を力で支配し、
力で天皇という存在を
守ってきたのではありません。

権威をも超越した徳の存在である天皇だからこそ、
私たちご先祖様である日本人が天皇という存在を
敬愛し守ってきたのです。

歴史のない権力をとったばかりの
成り上がりの初期の王権のような、
日本以外の滅びていった王室のようないわゆる、
セレブや芸能人のような生活はどんな立派に見えても

 

「本物ではないのだ」

 

と日本人は薄々気づいて
来ているのではないでしょうか?

何も金を稼ぐこと、

金持ちが悪だと言っているのではありません。

天皇陛下に見習い
不必要に華美な暮らしをせず、
日本のために自然林の造形、
社会資本の充実。

次に繋がる社会への還元をすることで、
天皇陛下を戴く日本国民は
この先ずっと本当に幸せに
生きていけるのではないでしょうか。

我々日本人は、
数々の滅びて来た「偽物」ではなく、
今も続く「本物」を目指して生きましょう。

 

 

 

天皇陛下は素晴らしい