外交的に何かと物騒な状況にある現在、中国と日本が戦闘状態になるんじゃないかという危惧が各地で聞かれますが・・・

結論から言うと、、、

正面切っての武力衝突になる可能性は実は限りなく0に近い。

一番の理由は自衛隊のクオリティーの高さ故に中国側が自制していると言うか、武力じゃない方法での侵略を模索してるからなんです。

ですが、こう言うと

「自衛隊って中国と戦えんの?」

と言う疑問が海外よりもむしろ国内から出てきます。

まぁ日本のマスコミは基本的に自衛隊に対しての正しい報道をしていないので、一般人が知らなくても無理はありません。

では、一体どれくらい凄いのでしょうか?

▪規律がとんでもない

イラクのサマーワに自衛隊が派遣されていたのは有名ですが、そこでのエピソードの殆どは国内マスコミは報じません。現地では随分と人気が高かったようです。
サマーワに駐留していた陸上自衛隊が日本へ帰る時、現地にいた外国の高官はこう言いました。

「三年間延べ二千人の自衛官が駐留して、一人の脱走兵もなく、一人の婦女暴行もなく、一人の無銭飲食もなかった。こんな軍隊は世界のどこにもない」と。

地上最強を謳う米軍ですら駐留地では次々と問題を起こしますが、本来外国に駐屯する軍隊ってのはそう言うものです。
自衛官ほど統制の取れてる組織は今の世界には存在しません。

また、サマーワでは自衛隊の駐屯地でしか起きない珍事が次々と多国籍軍を驚かせました。
自衛隊宿営地には、建設中の段階から外国の軍人たちが表敬や見学のために訪ねてきたのですが、彼らが一様に驚くのは、イラク人作業員たちが、夕方になってもまだ働いていることだったようです。
外国の宿営地でも雇って入るのですが作業員たちは夕方になると仕事が途中でも帰ってしまいます。

その差は自衛隊員の姿勢にありました。

他国の軍は現地人を雇うと彼らだけに作業を命じます。
だが自衛隊員は幹部自衛官ですら現地の労働者と一緒に働きます。
飯も一緒に食うし休み時間もコミュニケーションを欠かしません。
この姿勢が現地の人間の勤労意欲に繋がりました。

自衛隊の宿営地の近くに迫撃砲が撃ち込まれた時も珍事は起きました。
サマーワ市民による、百人規模のデモ行進です。スローガンは、

「日本の宿営地を守れ!」

でした。
現地の部族の長が、

「自衛隊を攻撃した奴は一族郎党(血のつながりのある者と、その従者や家来。また、家族や関係者の全員、有力者とその周りにいる利益を同じくする者をもいう。)を滅ぼす」

と言う過激な布告まで出す始末。
外国に駐留する軍隊でここまで現地人に歓迎される組織なんて世界中探したって日本くらいではないでしょうか。

▪航空自衛隊の錬度がどんでもない

航空自衛隊と唯一まともに戦える軍はアメリカ軍です。
そして一般的には

機体性 = アメリカ
パイロット = 航空自衛隊

であるとされています。

• クレイジーなパイロット

ある演習において、空対空でのGUN襲撃で命中率96%と言う数値を叩き出した空自戦闘機。
それを見た米軍のエリート集団(俗に言うトップガンの連中)の一言。

「あいつらクレイジーだ」

• F-104J vs F-15

   vs   

第2世代型の F-104J(航空自衛隊)と第4世代型 F-15(米国)の対決。

実戦では過去一度も撃墜をされていないとされるF-15。
合同演習において自衛隊は囮作戦を駆使しながら2世代も古い04Jでイーグルの撃墜判定を取ってしまった。

•F-15J(自衛隊) vs F-16(米国)

   VS   

運動性の差でF-16の方が圧倒的に優勢になるのだが、なぜか自衛隊F-15Jと米軍のF-16の勝負だといい勝負。
シチュエーション次第じゃ 15J の方が有利になってしまうという結果に米軍が原因を調査した。

その結論

「多分パイロットの技量の差で1世代分のハンデは消える」

結局のところ、零戦 vs マスタングでやりあっていた大戦期から機体性能で負けて技量で補うと言う図式は変わっていないようだ。

•ロシア(旧ソ連)空軍内の基本戦術

「対日本の自衛隊機には3機で当たれ」

どうも2vs1では仕留めきれないと言う結論らしい。

▪️あまり出番があって欲しくない陸上自衛隊がとんでもない

アメリカのヤキマ演習場でNATOの戦車射撃競技会があった時、自衛隊の90式戦車が呼ばれて参加した時のこと。
90式は全ターゲットのうちミスは1つで2位以下に大差をつけて優勝してしまったのだ。
夜、表彰とレセプションがあったが、自衛隊の90式クルーは優勝したにも関わらず雰囲気が暗かった。

他国のクルーが

「どうかしたのか?」

と尋ねたら帰ってきた答えが・・・

「あと一発、当てられたはずなのに・・・」

と悔し涙を流していたとか。

それを聞いていた周囲の各国戦車隊員は記者に向かって

「命中率100%の戦車とは何があっても戦いたくねーな」

とこぼしたそうです。

▪️なんだかんだで海上自衛隊が一番とんでもない

世界の海軍力を比較すると海上自衛隊は世界2位だそうです。
不動の1位はアメリカです。

しかも、2位以下全ての海軍力を合わせても米軍の半分の戦力にも届かないくらいの差があります。
特に評価が高いのは潜水艦とイージス艦の練度。
現時点でアメリカ海軍と合同演習が出来るほどの海軍技術を所有している国は日本くらいなのかもしれません。
まぁ、データリンクとか色々と共有しているのも理由の1つではあるが。

潜水艦に関しては日本は当然ながら原子力潜水艦を所持できないのだが、性能的には他国の原潜と大差ないようだ。
静粛性に関しては世界トップレベル。

米軍との合同演習リムパック演習では、ディーゼル潜水艦のくせにアメリカ空母打撃群の分厚い対潜護衛網と突破した挙句に空母撃沈判定を度々出している。

イージス艦手のは、要するに周囲の艦隊の対空管制をコントロールした上で数十発とか百発近いミサイルの飽和攻撃にも対応できるように設計されている。

日本はそれを8隻にする予定のようだ。

対艦攻撃機が1機で積めるミサイルの数を4発とすると20機くらいの航空機からの攻撃はイージス艦1隻で対応出来るって結論になる。

実際にはイージス艦は単独で行動することは無く護衛艦数隻と行動するので、もう少し増えるだろう。

イージス艦を所有している国は他にも何カ国かあって、何故か陸続き国家の韓国も持っていたりする。

(あの船は基本的に対空戦闘を目的にした船だから、海洋国家じゃない限り普通は採用しない)

ただ、運用実績があるのはアメリカと日本くらいであろう。

韓国のイージス艦は以前に米軍との演習で被弾中破判定され、その後のダメージコントロール失敗して沈没判定を食らっているが十分に運用するにはそれなりの実績を求められる兵器ではある。

そういえば最近では某キャスターのヨット遭難事故US-2が注目されました。

波高3mの波の中でも着水可能な世界唯一の水上飛行機である。

インドが日本に購入を打診検討中なんて話もあるくらいだ。

日本が海上自衛隊に力を注ぐ理由は一目瞭然で、この国は誰がどう見ても海洋国家なので、敵は海上で全て阻止する前提で自衛隊が組織されている。

むしろ陸上自衛隊が活躍する状況というのは国家として、もはや戦争にならないくらい詰んだ状態だろう。