元インドネシア将軍が語った本当の歴史!!

昭和41年に「ASEANセンター」を設立した中島慎三郎さんは、大東亜戦争でシナ大陸からマレー、ニューギニア、インドネシアを転戦して、上等兵として終戦した。

そして、昭和54年のこと。自民党のある大物議員がインドネシアを訪問した時に案内したのが中島さんだ。

この自民党のK議員はインドネシアの政治家を前にこのように言った。

「先の大戦において我が国は貴国を占領して被害をもたらし、ご迷惑をおかけしたことを心からお詫び致します」

中島さんはこれをそのまま通訳したらインドネシア人から笑われると思った。

なぜなら、この時インドネシアの政治家達は戦争中に日本軍によって訓練や教育を受けたペタ(祖国防衛義勇軍)の方達で、戦後のインドネシア独立戦争を戦い、勝利した時の勇者であるからだ。

彼らは、戦後、インドネシアに残ってともに独立戦争を戦ってくれた日本兵達が2000人もいて、その半数が戦死したが、日本人がインドネシアの独立に貢献したことは心から感謝していたのだ。

結局、中島さんはこのように通訳した。

「過ぐる大戦において我が国は敗れてしまい、貴国の期待に応える事が出来ず申し訳ありません。心からお詫び致します」

しかし、ここにいたインドネシアの政治家達は戦時中に日本兵から日本語を教わり、知っていた。

日本語の分かる彼らは笑って

「ナカジマは苦労するね」

と中島さんの肩を叩いた・・・

昭和48年4月、戦争中にインドネシアの情報将校であったムルポト将軍に同行した中島さんは、ASEAN諸国を中心にした国際会議に出席した。

この時、最初に韓国代表がこのように言ってきた。

「日本帝国主義が30数年間も韓国を侵略したために、韓国は防衛対策が確立出来なかった。その責任は日本にある」

するとインドネシアのムポルト将軍は韓国代表に向かってこう言った。

「朝鮮人は自ら戦わなかったくせに責任を日本に押し付けるとは何事か。もしアジアに日本と言う国がなかったと仮定してみよ。

1899年の義和団事件以来、ロシアは満州に大軍を駐留させ朝鮮を狙っていた。朝鮮が戦わないから日本が戦った。

これが日露戦争だ。

朝鮮は日本が敗けると思って裏ではロシアと繋がっていたのではないか。

もし日本が戦わなかったら朝鮮はロシア領になっていたことは間違いない。

ロシア領になっていたのは朝鮮ばかりではない。

支那も北半分はロシアが支配し、揚子江以南はイギリスとフランスが支配していただろう。

遅れて登場したアメリカはどうやって支那大陸に食い込むか企んでいたのだ。

そもそもアジア混迷の遠因は支那にある。

支那はアヘン戦争でイギリスの不当な要求に屈して簡単に降参してしまった。

その時支那はなぜ徹底して戦わなかったのか。

イギリス・フランスを大陸に引き込んで蒋介石のように戦えば勝てたかもしれない。

”中華”と誇る支那が不甲斐なく敗けたから日本が大東亜戦争を戦わざるを得なくなったのではないか。

この責任は支那にある。

そもそもアジアで戦ったのは日本だけではないか。

もし日本という国がなかったらアジアは半永久的に欧米植民地勢力の支配下に置かれていたはずである」

 

真実を言われた韓国代表は何も言えなかった・・・・

 

このような歴史は真実が葬り去られる昨今、体験された方の話は語り継いで行かなくてはならない。