2月11日は、建国記念の日でした。

実は『建国記念日』ではなく『建国記念の日』ってご存知ですか?

実はこの『の』には、深い意味があるのです。

「建国記念の日」が制定された経緯を知ると。その意味がわかります。

我々の母国ができた記念の日。これからは、本当の意味を知っておくとお祝いする気持ちも変わるのでないでしょうか?

いつ記念日は定められたの?

国民の祝日は、1948年(昭和23年)に施行された「国民の祝日に関する法律」で定められます。

ちなみに、一昨年(2016年)の8月11日が「山の日」として新しく制定されたため、祝日の数は全部で16日となります。

「建国記念の日」は、「建国をしのび、国を愛する心を養う日」として、1966年(昭和41年)に定められました。

この2月11日という日付は、初代天皇とされる神武天皇の即位日である【旧暦】紀元前660年1月1日にあたり、明治に入って【新暦】に換算した日付になのです。

紀元節から建国記念の日へ

       神武天皇

そもそも明治時代には、「紀元節」と呼ばれる建国を祝う日がありました。

しかし、第2時世界大戦後の1948年(昭和23年)、「紀元節を認める事で、天皇を中心として日本人の団結力が高まるのではないか」というGHQの懸念により「紀元節」は廃止されることになります。

その後、国民の間で「紀元節」復活の動きが高まったものの、9回の議会提出&廃案を経て、1966年(昭和41年)にようやく、「建国記念の日」は国民の祝日に追加されることに・・・。

なぜ『記念日』ではなく『記念の日』なのか

成立にまで時間がかかった背景には、

  1. 「紀元節」の復活に異議を唱える野党からの反発
  2. 現在の歴史学では神武天皇の存在の確証がなく「正確な起源が分かってないのに建国記念日など定められない」とする学者からの意見が多くあった

ことなどがあげられます。

最終的に、史実に基づく建国された日とは関係なく、建国されたという事実をお祝いするという考えのもとに、「記念日」ではなく「記念の日」となりました。

日本中で掲げられている世界の国旗ベスト3をしたら、日の丸の旗は第3位と聞いた事があります。第1位、第2位のどちらかが「イタリア」と「フランス」らしいです。

イタリア、フランス料理店が街中にあり国旗を掲げ、日本人が祝日に国旗を掲げなくなったのが原因の様だ。

建国記念の日などの国が定めた祝日は旗日とも呼ばれているので是非、家の玄関には日の丸の旗を掲げ、国の誕生を祝って頂きたいと願っています。