憲法9条って何?

憲法9条とは、簡単に説明しますと、以下の3つの事を定めています。

憲法9条って?簡単に説明すると3つに

  1. 戦争を放棄します
  2. 戦力を持ちません
  3. 国の交戦権を否定します
       日本国憲法9条

戦争をしません、戦力も持ちません。
交戦する権利すら認めません。

もし、これが世界中のルールであればとても平和的で、これこそ人類の理想とも言える内容です。(実際のところ、国連憲章が元となっているようだが効力は北朝鮮や今の世界情勢を見たらどうでしょう・・・)

しかし当然、日本国憲法ですので憲法9条は日本国内のみでのルールなのです。

もし、北朝鮮や中国が本当に日本に攻撃を仕掛けようとしてきた時に憲法9条を相手に訴えかけても意味がありません。

どこの国もまずは、自国の利益を最優先(当たり前ですよね。)

現行の憲法では、現実の世界とあまりにもかけ離れているのが問題になっています。

では、憲法9条の問題点を整理していきましょう。

憲法9条の問題点って?現状の世界情勢に合っていない

憲法9条自体の内容は、世界中の憲法であれば素晴らしいですが、先ほども述べた様に日本国のみで適用される憲法です。

さらに、現在の世界情勢に合っていないのが問題となっています。

まずは、条文を引用します。

〜引用はここから〜

第9条

  1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇または武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
  2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

〜引用ここまで〜

では、どの辺りが現在の世界情勢と合っていないのでしょう?

それは、次の2点です。

憲法9条が現状の世界情勢と合っていない点

  1. 武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
  2. 陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。

それぞれ見て行きましょう。

戦争放棄!?しかし自衛戦争は良いの?

先ほどの条文では、ての戦争を放棄しているように読めます。

ですが、平和な島国日本に住んでいるとイメージが湧かないと思いますが、国際社会は弱肉強食です。

例を挙げてみますと・・・

領土問題

日本の尖閣諸島に対して、中国は「昔は我が国の領土だった」、という理由で、領有権を主張しています。

さらに、

「ロシア系の民族が多く住んでいて、虐待されている。救出せねばならない!」と言って、

2014年にロシアは、ウクライナの一部を自国に組み込みました。

そんあ、ウクライナは前年の2013年に徴兵制を廃止し、その翌年にロシアのクリミア侵攻によって徴兵制を復活している。

そのため、攻めて来られた場合に自国を守る、

侵略に対する自衛戦争は、日本も認めているのが現状です。そりゃそうですよね。

しかし、この点は次の条文と矛盾してしまっています。

武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

次にもう1つの問題点、”陸海空軍その他の戦力はこれを保持しない”、です。

まさかの非武装国!?しかし自衛隊は良いの?

自衛隊は、海外でもトップクラスの立派な戦力です。

さらに日本の軍事費は、世界ランキングで常にBest10入りしています。

先ほども述べた様に、「侵略」という事態が可能性としてある以上、自国を守る武力は必要です。

辛い現実かもしれませんが、武力がないと瞬く間に侵略されてしまいます。

実際に領土問題が起こると、すぐに抗争が始まる訳ではありません。

しかし、話し合いの場で背景となり、発言権の大きさを示すのが、その国の国力です。

国力は、経済力(お金)と軍事力(武力)になります。

武力をちらつかせて迫られたら、譲歩するしかないですよね。

ですので、日本も自衛隊という立派な戦力(軍隊)を保持しています。

そうしますと、先ほどの戦争放棄と同じ様に、現実と条文が矛盾してしまいます。

陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。

内容としては素晴らしいですが、実際の現状とは矛盾してしまっています。

ですが、矛盾しっぱなしでは、いけません。そのため、実際はどのように運用しているのか整理していきましょう。

憲法9条の矛盾を現実と合わせる為に

憲法の内容と現実が違う、この問題点に対して、日本は「解釈」と言う言葉で乗り切っています。

それは、以下の内容です。

憲法の解釈

  • 侵略戦争は放棄するが、自衛戦争は放棄しない。
  • 侵略の為の軍隊は保持しないが、自衛する戦力は保持する。

まず、国として自国を守る必要がある以上、そのルールとなる”憲法が解釈次第”でというのは、ちょっと苦しいし、不安じゃないですか?

自分には無理だと思いますし、このままの状態では一国民として不安です。

そこで、「憲法9条を現在の世界情勢に合わせて、改正しましょう」という議論が出てきています。改正して、しっかりと軍隊を保持する事を明記して、自衛隊がどういう軍隊なのか?戦争を放棄するとはどういう戦争を放棄するのか?明確にする議論です。

ちなみに2014年に大きな話題となった、集団的自衛権の容認も、憲法の解釈変更で乗り切りました。

まとめ

どうだったでしょうか。

国を維持して行く為の、根幹の部分でもある国家の最重要項目がその時代の内閣によって色々な解釈ができる状態って危なくないですか?

もし、民主党政権のような時代がまたやってきたら、そのときこそ中国に国を売り渡されるのではないか?

現時点では安倍総理がいてくれているので安心だが、そんな時代も永久には続かないので次の総理は大丈夫か?

そんな不安要素を無くす為にも、今のうちに明確な基準が必要に感じます。

ヨーロッパのスイスと言う国は、200年も他国と戦争をした事がない永世中立国ですが。

そんなスイスは国民皆兵で兵役義務がある国だからこそ、無駄な争いを避ける事が出来ている。

2013年には、”もう徴兵制が必要ないのでは?”と国民投票した所、否決となり国民一人一人の国防に対する意識が高いのが垣間見えてくる。

欧米の方も、フランスやスウェーデンは復活、ドイツやイギリスも検討との事。

やはり、ここでも欧米諸国の国防に対する意識の高さを感じる。

しかし、そんな欧米諸国よりも緊迫状態にある日本は未だに何の対策も出来ていない現状です。

  • メディア、マスコミは本来伝えるべき事を伝えれているのか?
  • 国会での野党の議論は本当に国益に繋がるのか?
  • 国民一人一人が国防に対する意識が薄すぎないか?

 

最後に余談になりますが・・・

自分は訳あって、ニューヨークに1年半ほど住んでいるのですがバイト先の黒人の友達(ジャマイカからの移民)が米朝関係のニュースをYouTubeで観ていたので話しかけてみたら

「お前の国(日本)も危ないぞ!」

と言われ、北朝鮮の核実験のニュースの事を言われたのだがこっち側としては、

「日本は軍隊が無いのでどうしようもない」

と伝えた所、ビックリした顔をしていたがその後に、

「大丈夫、アメリカが守ってやる!俺もいつでも戦場に行ってやる」

と言っていた。

その時日本人の自分としては本当に情けなくなってしまった。

実際に、この友達が行く事はないし、友達もそこまで深く考えてはいないだろう。

しかし、日本人もそこまで深く考えている議員も国民も多くはない様に思う。

自分が国の為に何が出来るのかを自信もって言える友達が少し格好良く見えてしまった。

今一度、憲法9条が本当に必要なのか?考え直すべきではないだろうか?