戦後、日本の歴代総理はアジアへ赴く際や節目の歳に「過去において、日本がアジアにかけた迷惑をお詫びする」と言った意味の発言をして、深々と頭を下げたりするが、実際にはアジア諸国や各国の識者は大東亜戦争をどのように受け止めて、評価しているのだろうか。

アメリカ

ダグラス・マッカーサー (GHQ総司令官)

「日本の潜在労働者は、量においても質においても、私がこれまで知っている中の最も立派なものの一つである。しかし、労働力はあっても生産の基礎素材を持たない。日本には蚕(かいこ)の他に取りたてて言うべきものは何も無いのだ。日本人は、もし原材料供給が断たれたら(経済封鎖されたら)一千万人〜一千二百万人が失業するのでは無いかと恐れていた。それ故に、日本が第二次世界大戦に赴いた目的は、そのほとんどが、安全保障のためであった

(1951年5月3日・米上院の軍事外交合同委員会の聴聞会における発言、名越二荒之助『世界から見た大東亜戦争』展転社)

ジョージ・S・カナヘレ (政治学博士)

日本占領軍がインドネシア民主主義のために行った種々のなかで、最も重要なものの一つは、正規軍及び準軍事組織を創設して、それに訓練を与えた事である。このような機会がなかったならば、戦後のインドネシア民族革命の経過は違ったものになっていたであろう」

(「日本軍政とインドネシア独立」)

ジョイス・C・レプラ (コロラド大学歴史学部教授)

「日本の敗戦、それはもちろん東南アジア全域の独立運動には決定的な意味をもっていた。いまや真の独立が確固とした可能性となると同時に、西洋の植民地支配の復活も、許してはならないもう一つの可能性が浮かび上がってきたのである。民族主義者は、日本占領期間に身につけた自信、軍事訓練、政治能力を総動員して、西洋の植民地支配復帰に対抗した。そして、日本による占領下で、民族主義、独立要求はもはや引き返せないところまで進んでしまった事をイギリス、オランダは戦後になって思い知る事になるのである」

(「東南アジアの解放と日本の遺産」)

ベン・ブルース・ブレークニー (東京裁判弁護士)

「原子爆弾という国際法で禁止されている残虐な武器を使用して一般市民を殺した連合国側が、捕虜虐待について日本の責任を問う資格があるのか」

アメリカ合衆国の陸軍軍人・弁護士

東京裁判においては、東郷茂徳、梅津美治郎の弁護人を努めた。

ヘレン・ミアーズ (GHQメンバー)

「なぜ日本が韓国国民を「奴隷にした」と非難されるか理解出来ない。もし奴隷にしたならば、イギリスは共犯であり、アメリカは少なくとも従犯である。国際関係の原則にのっとり、当時の最善の行動基準に従って行われた事である。しかも原則は日本が作った物ではない。欧米列強が作った原則なのだ。1910年、日本が韓国を併合したのは、韓国皇帝が「請願(せいがん)」(請願とは願い出る事)したからだ。歴史家は、日本は欧米列強から教わった国際関係の規則を、実に細かい所まで几帳面に守っていた、と褒めるのだ」

オランダ

サンティン (アムステルダム元市長、元内務大臣)

「本当に悪いのは侵略して権力を振るっていた西欧人の方です。日本は敗戦したが、その東亜の解放は実現した。すなわち日本軍は戦勝国の全てを東亜から追放して終わった。その結果、アジア諸民族はは各々独立を達成した。日本の功績は偉大であり、血を流して闘ったあなた方こそ最高の功労者です。自分を蔑む事を止め、その誇りを取り戻すべきであります

(1985年日本傷痍軍人会代表団がオランダを訪問した時行われた市長主催のパーティーの歓迎挨拶)

イギリス

アーノルド・J・トインビー (歴史学者)

「第二次大戦において、日本人は日本の為と言うよりも、むしろ戦争によって利益を得た国々の為に、偉大なる歴史を残したと言わねばならない。その国々とは、日本の掲げた短命な理想であった大東亜共栄圏に含まれていた国々である。日本人が歴史上に残した業績の意義は、西洋人以外の人類の面前において、アジアとアフリカを支配してきた西洋人が、過去200年の間に考えられたような、不敗の半神でないことを明らかに示した点にある」

(1956年10月28日/英紙「オブザーバーL」)

タイ

ククリット・プラモート (タイ国元首相)

日本のおかげで、アジアの諸国はすべて独立した。日本と言うお母さんは、難産して母体をそこなったが、生まれた子供はすくすくと育っている。今日、東南アジア諸国民が、アメリカやイギリスと対等に話が出来るのは、一体誰のおかげであるのか。それは『身を殺して仁をなした』日本と言うお母さんがあったためである。12月8日は、我々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが、一身を賭して重大決意をされた日である。さらに8月15日は、我々の大切なお母さんが、病の床を伏した日である。我々はこの2つの日を忘れてはならない」

(サイアム・ラット紙、12月8日)

タナット・コーマン (タイ国元副首相)

「あの戦争によって、世界の至る所で植民地支配が打破されました。そしてこれは、日本が勇戦してくれたおかげです。新しい独立国が、多くの火の中から姿を現しました。誰に感謝を捧げるべきかは、あまりにも明白です

ソムアン・サラサス (元タイ国軍事顧問)

「日本は敗れはしたが、アジアのプライドを掻き立てた。戦争が始まった時、日本は負けると言う不安もあったがタイは日本についた。私は、日本が負けても、英米に対してアジアもこれだけのことが出来るという証明になると友達と話した」