日本政府が8月29日の午前6時過ぎに、北朝鮮からミサイルが発射された模様と全国瞬時警報システム(Jアラート)で速報した。

警戒対象地域は北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、群馬、新潟、長野の各県。

北朝鮮からのミサイル発射で国民はどう思う?

今回初めてのJアラート初対応。早朝と言うこともあり「うるさい」や「意味が無い」などと言った冷ややかな意見がニュースとかでも見られる。

これからも北朝鮮はこの様な挑発行為を続けて行くのは過去を振り返れば一目瞭然。今回初めてJアラートが初対応となったので大騒ぎしているが北朝鮮の挑発行為は以前からずっと行われている。これだけ危機感の無い国でテレビではJアラートは批判するが北朝鮮は批判しない。しまいには、「もりかけ問題を隠すために安倍総理が北朝鮮に撃たせた」と言った理解に苦しむ解釈まで平然と話されている。

日本と北朝鮮の問題は歴史的に見ても根深いものがあり、今に始まった事ではない。だが、今回これほどの大騒ぎになっているのはグアム島が既に射程圏内、アメリカ本土も時間の問題となってきているのでアメリカもやっと本気になり日本も一緒になって騒いでいると言う訳だ。

もりかけ問題で国会の大事な時間を使い、本来すべき議論を置き去りにしている野党(民◯党、共◯党、社◯党)には重大な責任がある様に思える。

この状況で野党議員が国防について議論をしないのが平和ボケなのか、策略なのか解らないが釈然としない。一部では「安倍総理が憲法9条を改正する為に無駄に騒いでる」なんて何処の国の人間かわからない様な発言を平気でする様な人もいる。

このような反応を見ていると、国民の危機感が無くなり本当の有事があった時に、日本政府がいくら危機管理をしようが国民にそれだけの危機感がないのだからそちらの方が意味が無いのでは無いだろうか。

米朝戦争への突入の可能性は?

今の所は、そこまで緊迫している状況では無いようだ。北朝鮮の外交手段がこのようなヤクザまがいの瀬戸際外交で保っているようなものなので、北朝鮮からしたら通常運行ではある。

しかし、既に北朝鮮は核兵器を持っており日本に落とすのは既に可能な範囲。ミサイルも日本海域に落ちていますし、漁師や海上自衛隊の方達の被害があったら日本政府はどうするのであろう!?

外交とは、有事が起きないため(起こさないため)にあるのでは無いだろうか。ピストルどころか完全武装した泥棒に「話し合いで解決しよう」と言って泥棒は話を聞いてくれるだろうか?「警察がピストルを持つから犯罪者もピストルを持つ」「だから、警察はピストルの武装をやめよ」なんて理屈が通るのだろうか?

今回の北朝鮮のミサイル発射もそうだが、今この国が置かれている状況は中国から領海、領空侵犯もあるだけに安倍総理が嫌いだからとか感情的な議論では無く。この国をどのように守るのか。どれだけの危機に晒されているか国民も含めて考えていかなければならない。

戦後70年間、平和に暮らしてきただけに現実に目を向けるのは辛いかもしれないが70年間目を背けてきた政治家たちのツケが今になって回ってきただけで今この国で生きている人たちの宿命なのかもしれない。70年前に成人することもなく未来の日本のために命を落とされた英霊たちに恥ずかしく無い日本を維持できることを切に願いたい。